夏でもしっかり冷え対策!簡単にできるポイント6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏でもしっかり冷え対策!簡単にできるポイント6選

皆さん、夏でも冷えを感じることはございませんか?
電車やオフィスで効きすぎた冷房にあたったり、暑いからといって冷たいものばかりを食べてしまうと体の芯は夏でも冷えてしまいますよね。
そこで今回は一日の中で簡単にできる冷え対策のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

冷え予防の服装を

暑い夏はついつい薄着になってしまいがちですよね。
しかし外と冷房が効いた室内の温度差を忘れてはいけません。
太い血管が通っている肩周りは特に冷さないように注意しましょう。
薄手のカーディガンも持っていればさっと羽織れるので大変便利です。
また、おへそ周りも冷やさないように注意が必要な場所です。
夏でも使える薄手の腹巻きなどをおすすめします。

夏,冷え,お腹,腹巻,腰巻,かわいい,温かい,おすすめ,オフィス,冷房対策
ベルメゾン 夏のはらまきパンツ

 

こまめに汗をふきとる

汗をかいたまま冷房の効いた場所(電車など)にいくと、急激に体が冷えてしまいます。
タオル地のハンカチなどを持ってこまめに汗をふきとるようにしましょう。

 

オフィスではひざかけを常備

冷房が効いたオフィス内では体が冷えがちですよね。
お仕事が終わった時には体が冷え切っているなんて、体にとって負担が大きくなってしまいます。
肩や背中はカーディガンで、足先はひざかけを使って冷やさないよう工夫しましょう。

 

お風呂上がりは早めに髪を乾かす

夏はついついお風呂あがり薄着でいてしまいませんか?
著者も薄着のまま頭も乾かさず歯磨きをしたり雑誌を読んだり…。
しかし体を冷やさないためには汗と水分をしっかり拭き取り、すぐにパジャマに着替え、髪も素早く乾かすことが大切です。

 

夏野菜を上手に活用

体から熱を取る方法はエアコンなどに頼らなくても可能です。
トマトやきゅうり、ナスなどといった夏野菜は体から熱をとる効能を持っています。
そういった夏野菜と体を温める生姜やスパイスなどをうまく組み合わせて食事に取り入れてみましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
最近では冷え対策の本もたくさん出ていますよね。
著者はそういった本の冷え取り対策から自分の生活に手軽に取り入れられそうなものを試しています。
無理なく冷え取り対策をして、快適な夏を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る