ご飯に合う合う!おすすめの「ごはんのおとも」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご飯に合う合う!おすすめの「ごはんのおとも」5選

みなさんは普段の食事はお米が多いですか?
それともパンやパスタといった小麦粉が多いですか?食生活の多様化によって日本人ならお米でしょ!と一概には言えないですよね。
著者はお米も小麦製品もどちらも好きですが、職場に持っていくお弁当のおにぎりが最近とても楽しみなのでおにぎりに合うふりかけ等をたくさんリサーチしています。
そこで今回は「ごはんのおともに」合うものをいくつかご紹介します!
みなさんもぜひお試しくださいませ。

 

まんまぱっぱ 五穀と大根葉

ごはん,合う,ふりかけ,ごはんのおとも,とろろ,おいしい,止まらない
まんまぱっぱ 五穀と大根葉

こちらは最近の一番のお気に入りのふりかけです。
原材料は、大根葉、砂糖(甜菜グラニュー糖・含蜜糖)、有機米、食塩、ひえ、赤米、たかきび、もちあわ、あおさです。
国産大根葉と食べやすいようにパフ加工をした国産五穀をブレンドしていて、自然の優しい風味が広がります。
ご飯と混ぜたときの香りが本当に食欲をそそるのでお弁当用で作っているのに準備しながらいつもお腹がグ~となってしまいます(笑)

 

創健社 化学調味料・保存料無添加ふりかけ

ごはん,合う,ふりかけ,ごはんのおとも,とろろ,おいしい,止まらない
創健社 化学調味料・保存料無添加ふりかけ

原材料は小麦胚芽(アメリカ他)、玄米胚芽(国内産)、かつお(国内産)、いわし(日本近海)、煮干(日本近海)、ムロアジ(日本近海)、胡麻、のり(国内産)、しそ、食塩、みそ、しいたけ、あわ、きび、ひえ、はと麦、ライ麦、黒米、そら豆、脱脂粉乳、黒豆、大豆、小豆、大麦、酵母、蜂蜜、卵黄、サンゴカルシウム、醤油、玉ねぎ、ひじき、人参、キャベツ、ねぎ、セロリ、ピーマン、ホタテエキス、にんにく、しょうが、昆布、わかめ、砂糖、みりん、ぶどう、プルーンです。

バランスの良い食生活に不可欠な6種類の基礎食品を45種類の素材に振り分けてブレンドしたということですが、なんだかとってもお得に感じてしまいませんか。
著者は長期的な帰省をした時に持っていって、ちょっとおかずのバランスが悪いかな~なんて時にご飯にさっとふりかけて使用していました。

 

青じそふりかけ

ごはん,合う,ふりかけ,ごはんのおとも,とろろ,おいしい,止まらない
青じそふりかけ

原材料は、青じそ、食塩、てんさい糖、麦芽糖(とうもろこし、さつま芋、馬鈴薯、タピオカ)、酵母エキス、香料です。
こちらは最近購入したものなのですが、青じその色と香りをそのまま生かしたふりかけなのでしそ好きにはたまりません!
おにぎりだけでなく、お茶漬けや和え物、冷奴など各種料理の薬味としても幅広く使えるそうですよ。

 

生姜ごはんの友

ごはん,合う,ふりかけ,ごはんのおとも,とろろ,おいしい,止まらない
生姜ごはんの友

原材料は、しょうが(国産)、かつお節、漬け原材料(しょうゆ、麦芽水飴、米酢、粗糖、しょうゆもろみ、食塩、かつおだし、昆布だし、みりん、梅酢)です。
栽培期間中に農薬を使用していない国産生姜使用しています。ごはんにはもちろんですが、こちらも冷奴にのっけたらそれだけで豪華な一品になりますよね。

 

道南とろろ

ごはん,合う,ふりかけ,ごはんのおとも,とろろ,おいしい,止まらない
道南とろろ

原材料は、昆布(北海道産)、醸造酢といたってシンプルです。
小さいころからうどんに入れるとろろが大好きで、家ではうどんが見えなくなるくらいとろろをいれていたこともありますが、ごはんにも非常によく合います。
これまたごはんにたっぷりとのせると、ごはんの量が少量でも非常に満腹感があるのでダイエットにもなりそうですよね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したのはどれも添加物を使用していないものなのでお子様にも安心して食べてもらえますよね。
おかずがしっかりとあるときは「ごはんのおとも」は必要ないかもしれません。
また、お米はそれだけでも甘味があって美味しいものですよね、
しかしおかずが寂しいな~、なんて時にサッとふりかけたりするだけで栄養価も美味しさもアップしてしまう「ごはんのおとも」は忙しい方にも便利かなと思うのでご活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る