今日から取り入れよう!夏の疲れにおすすめの食材12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今日から取り入れよう!夏の疲れにおすすめの食材12選

だんだんと夏の暑さが本格的になってきましたが、皆さん体調はいかがでしょうか。
夏の暑さはカラダの疲れにもつながってきてしまいますよね。
でも楽しいイベントも盛りだくさんですから元気でいたい!という方へ今回は夏の疲れにおすすめの食材とレシピをいくつかご紹介したいと思います。

豚肉

スタミナのもととなっているビタミンB1が牛肉や鶏肉の約19倍あると言われているのが豚肉です。
カロリーが気になる方はヒレ肉やモモ肉などの赤身にするか脂肪分の多い肩肉やロース肉は下茹でしたり、脂身を切り取るなどの工夫をしましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]大葉たっぷり♪豚の塩生姜焼き
by ☆YUKARI☆さん

こちらは我が家での好評メニューです。
大葉と塩でさっぱりと食べられるので夏バテ気味の方にもおすすめです。
お酒のおつまみとしても美味しく食べられますよ。

 

ウナギ

ウナギは平安時代から滋養強壮食品として食べられてきた栄養豊富な魚です。
体の抵抗力を高めるビタミンAとその吸収を高める脂質が特に豊富で、体を温める効果もあるので夏バテ防止にも夏冷え改善にも適しています。
ちなみにウナギを食べる時に、山椒を振りかけるとウナギの脂肪の酸化を抑制し、消化を促してくれるそうなのでぜひ試してみてください。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]簡単!うざく!(鰻ときゅうりの酢の物)
by しそぽんずのすけさん

夏はさっぱりとしたものが食べたくなりますよね。
そんな時に酢の物はぴったりです。
ちょっとこってりとした食べごたえのある鰻をきゅうりと一緒にさっぱりと食べましょう。

 

アジ

あじは胃の冷えを取って胃腸の働きを高めることで疲労回復や食欲不振に役立ちます。
また今話題の脳の機能を活性化するDHAや血液をサラサラにして血管を丈夫にするEPAが豊富なのも特徴です。
あじを選ぶときは目が澄んでいて身に張りがあるものを選びましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]揚げずにヘルシー!あじの南蛮漬け
by ほっこり~のさん

焼いてつくるのでヘルシーですし、なにより揚げるよりも調理が楽ですよね。
お酢が入っているのでとにかく暑い!という日もさっぱりと食べられます。
野菜もたくさん入っているので栄養バランスも抜群です。

 

タラコ

スケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものがタラコです。
ビタミン類が豊富に含まれ、特にビタミンB2・B12・葉酸などB群が多く、疲労回復の効果が期待できます。
さらにストレスの耐性を高めるパントテン酸や肌荒れに効果のあるナイアシンなども含まれています。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]夏に食べたいたらこ(明太子)の冷製パスタ
by 郁..さん

パスタ好きの方にはこんなレシピはどうでしょうか。
たらこパスタが好きな方ならさらに作ってみる価値あり!だと思います。
ツルツルっと食べられる冷製パスタでエネルギーをしっかりチャージしましょう。

 

ゴーヤー

ゴーヤーの独特の苦味の成分は、食欲増進や血糖値を正常に保つモモルデシン、チャランチンなどです。
ストレスが多いときに消費されてしまうビタミンCが豊富で、さらにゴーヤーに含まれるビタミンCは加熱に強いのが特徴です。同じく疲労回復に効果のある豚肉と合わせて炒め物などが合います。
ちなみにゴーヤーを選ぶときは小ぶりで光沢のある濃いもの、また表面のつぶつぶが密集しているものを選びましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]夏バテ防止に♪ピリッとゴーヤー豚キムチ
by なつももままさん

キムチのピリッとした辛味でごはんがもりもり進みます。
ゴーヤーの苦味やキムチの辛味が苦手な方でも卵のおかげでマイルドな仕上りになっています。
写真を見ただけでも食欲がそそられますね~♪

 

山芋

ぬるぬるとした粘り気の成分はムチンといって細胞を活性化する働きがあります。
新陳代謝の促進や疲労回復、老化防止のほか肌荒れや便秘にも効果を発揮するスーパー食材です。
選ぶときはふっくらと太く、ひげ状の根が残っているものを選びましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]ささみで♪山芋と梅と海苔巻き巻き巻き~☆
by naonaosさん

ヘルシーなささみで具材を巻き込んだ一品です。
山芋のホクホクとした食感と酸味のある梅がアクセントになって味わえます。
お弁当にもよさそうですよね。

 

にんにく

体を温める性質があるにんにくは五臓の機能を活性化してくれます。
独特のにおいのもと、アリシンには強力な殺菌作用があり、疲労回復から脳の活性化まで幅広く効果を発揮します。
こちらも豚肉と組み合わせることによって豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を高めより疲労回復を強力にサポートしてくれますよ。
選ぶときは、ふっくらと大きくて粒の大きな締まりがあるものにしましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]豚肉と小松菜のニンニク醤油炒め
by エルン♪さん

ごはんが進みそうなこちらの一品は男性にも人気がありそうですよね。
まさにスタミナ食!を食べて夏バテをふっとばしてしまいましょう。

 

アスパラガス

アスパラガス由来の栄養成分、アスパラギン酸はたんぱく質の合成や乳酸を分解してくれるので疲労回復・スタミナ回復効果が抜群です。
穂先に含まれるルチンには血行促進作用もあります。
ビタミン類を損なわないためにも調理の際は焼く、炒めるなどにしましょう。
ちなみにグリーンアスパラガスもホワイトアスパラガスも効能はほぼ同じだそうです。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]♪アスパラのオリーブオイル焼き♪
by キキママ♪さん

材料はアスパラだけ!
調味料もシンプルなのでアスパラガスの甘みとオリーブオイルの香りが存分に楽しめます。
パルメザンチーズもいいアクセントになってくれますよ。
この調理法であれば栄養素の損失も防げるので安心です。

 

パイナップル

パイナップルには体内にこもった余分な熱を取り、気力を高めて体液を補うことで熱中症予防や夏バテに効果があると考えられています。
スーパーなどでカットされたものも売られているので手軽に食べることができます。
そういったものを購入するときは果汁が出ていないものを選びましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]バナナパインモロヘイヤスムージー
by yogo45kgさん

手軽にとれるスムージーのレシピです。
カルシウムが豊富なモロヘイヤや食物繊維が豊富なバナナも入っているので本当に栄養満点です!
毎朝の習慣にして美も健康も両方叶えてしまいましょう。

 

もち米

もち米は元気のでる食材として昔から体力回復や母乳の出をよくするために利用されてきたそうです。
体を温める効果があり、慢性的な疲労の改善にも役立ちます。
ねばりが強いため消化吸収が遅いのでお子様やご年配の方は食べ過ぎに注意が必要です。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]簡単☆もち米シュウマイ
by ふうさく77さん

こちらはシュウマイの皮の代わりのもち米を使っています。
タネを作って丸めたらもち米をまぶすだけです。
見た目も可愛らしいのでおもてなしメニューとしても喜んでもらえそうですよね。

 

そば

疲労回復にお蕎麦?!と思った方も多いかと思いますが、疲れや体力の衰えを防ぐアミノ酸がバランスよく含まれているうえに、良質なたんぱく質が多いそばは、実は疲労回復にぴったりなんだそう。
コレステロールを下げて体脂肪がたまるのを防ぐ効果もあるのでダイエット中の方にもおすすめです。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]暑い日は**冷やしおろしそば**
by kaiko子さん

著者が小さい頃の話ですが、風邪をひいたり体調が悪い時でもさっぱりとしたお蕎麦は食べられたそうで、今でも大好きな料理です。
中でも大根おろしのたっぷりと入ったものが特に好きです。
ちなみに大根はカリウムを多く含んでいて利尿作用があるのでむくみが気になる方にもおすすめです。

 

リンゴ酢

酢酸・リンゴ酸・クエン酸などには疲労物質の乳酸が体内にたまるのを抑える効果があります。
また中性脂肪を分解する作用もあるのでダイエットにも適しています。
購入するときは天然醸造100パーセントのものを選ぶようにしましょう。
おすすめのレシピはこちら▼
夏バテ,食欲,不振,おすすめ,料理,おかず,食事,夏バテ防止
[クックパッド]夏バテに!はちみつりんご酢☆ミルクプリン
by ほっこり~のさん

すっきりとした甘さが楽しめるスイーツです。
材料は牛乳とはちみつと、りんご酢、ゼラチンだけなのでとてもヘルシーです。
ダイエット中だけどちょっと甘いものが食べたいな~という方はぜひ試してみてください。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ご自分の食生活に取り入れられそうなものはありましたか?
疲れにきく食材を知っているだけでも献立を考える時や外食でのメニュー選びの意識が変わってくるかと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

Photo by USDAgov

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る