自分スタイルを極めるクローゼットマネージメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分スタイルを極めるクローゼットマネージメント

自分のクローゼットの中身を知っていますか?

 本来の自分を受け入れる事からファッションは始まります。
もし、あなたが教師だったとして、毎日バニーガールの様な格好で授業をする訳にはいかないですよね?(私は好きですが。)
やはり、自分のキャラクターに合った洋服を着ている時の方が女性は輝きます。
ファッションは自分を表す大事な生活の一部ですから、その選択を誤ると人生を大幅に損をしてしまうでしょう。

「クローゼットの中身を見ればあなたがどういう人生を送っているかが分かる。」
今のあなたは自分を知っていますか?
そして自分のクローゼットの中身がどんなものであるか把握出来ているでしょうか。
もし、出来ていなければ早急にする必要があります。
それほどに、普段どんなファッションで過ごすかという事は人生全般に影響を与える出来事だという事を知っておいた方が良いでしょう。
だって、私達人間は見た目で判断される事が非常に多い世界で暮らしているのですから。

 

同じ様なアイテムばかり重複していませんか?

フランスの思想家フラン・バルトは「言葉は記号である。」と言いました。
そして、ファッションは暗号化された言葉とも言えます。
あなたは普段どんな言葉を発し、人々に伝えているでしょうか。
もし、それが毎日偽物の言葉ばかりであったとしたら、とても退屈なクローゼットになっている事でしょう。
例えば、好きでもないけれど安いから買っていたとか、仕事の時は自分を抑えてアイテムを選んでいたとか、誰しもそういうことはあるものです。
私は、安いからといって買った普段着ないタイプの服ばかりがクローゼットに並んでいるのを見た時はぞっとしました(笑)
その対策としては、クローゼットを普段から見渡し、その共通点を探し、自分の姿を知ることです。
そして、そのスタイルが今の自分とは大幅にかけ離れている場合は少し、クローゼットを一新する必要があります。

 

自分色を持ったクローゼットは強い

「昔着ていてお気に入りだったあの服、最近はめっきり着なくなってしまったけれど何となく取ってしまっているな。」と感じる事は無いでしょうか。
もしくは、買った時はわくわくして購入したけれど、結局一回も袖を通さずにいる洋服たちはありませんか?
そんな洋服たちは潔く捨てるか、誰かに譲るかして一刻も早く、別れを告げて下さい。
なぜなら、そういった洋服たちは間違いなくあなたに合いませんので今後も着ませんし、着る時期を過ぎている事がほとんどです。
ブームはリバイバルするとも言いますが、そんないつ来るか分からないブームを待っているよりも、今旬のファッションを選んでみませんか。
そうする方があなたの心も満足しますし、“いつまでもしがみついている過去の自分像”を打ち砕く事が出来ますよ。
もしかしたら、“今のあなたに合う洋服はもうクローゼットにはない”のかもしれませんよね。
もしそうなら、ここでクローゼットの中身を整理して新しいアイテムを受け入れる準備をしてみましょう。

 

本当に必要なアイテムは最小限に留める

「クローゼットを整理するのは分かりますが、どんなアイテムを残せば良いのでしょう?全部捨てたらさすがにヤバいですよね?」と疑問に感じると思います。

基本的には…

  • あらゆるシーンで着回せる
  • 着てハッピーになる
  • 身体にフィットしている
  • 最新のトレンド

以外は全部削除です!

自分のスタイルは一朝一夕にはいかないので、とにかく追及していくしかありません。
そして、いつしか「これが自分のファッションだ。」と自信を持って言える日が必ずやってきます。
そうなった時初めて、クローゼットの中に本当のあなたの姿を見つけるでしょう。

写真提供:Bob Shrinker

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事



ページ上部へ戻る