人見知りでも大丈夫!会話下手な人のための会話術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人見しらーさん必見!話の腰を折らずに会話を誘導するコツ

人見知りなんです。は大人には通用しない

人見知りは子ども時代の特権!だと思います。
社会に出て「私は人見知りなのであなたとは話しません…。」と言って初対面の人と話す場面を割ける事は大人としてありえませんよね。
「でも、子どもの頃から極度の人見知りで、上手くしゃべれません!」と言う人もいるかもしれません。
でも、考えて欲しいのです。
仲の良い人となら普通に話せるのに、初対面の人だけとは上手く話せないのはどうしてでしょうか。
それは、相手の事をあなたが知らない内に敵と見なして警戒しているからなのです。
中でも、「初めて会う人に自己紹介したりして、話を振られたとしても、緊張して意味不明な答えを返してしまって話が続かないんです。」という悩みを持った人は意外と多いのではないかと思います。
日本人は特に全体性を意識しますから、周りから浮いていないか、変な発言をして相手に不振がられないかという余計な不安がよく付きまといます。
逆に、誰とでも初対面から仲良くなれるタイプの人というのは、頭の中に不安や恐怖が存在していません。
その人と仲良くなってどうなりたいかという事しか頭にないのですから、当然緊張もしません。
つまり目の前の相手にただ興味関心があるだけなのです。
ですから、人見しらーさんに伝えたいのは、「その目の前に居る人はあなたの敵ではないですよ。だから、興味を持って接してみてはいかがでしょうか。」ということです。
初対面の人を無意識に敵と考える人には、“みんなあなたと話をしてみたくて仲良くなりたくて仕方ない人達”だと思いましょう。
最初は難しいかもしれませんが、ぜひ、習慣としてやってみて下さい。
そして、あなた自身も、これからは初めて会う人みんなに対して興味を持って、相手を知りたいと思って接して欲しいのです。

 

自分を良く見せようとしなければ良い

相手に嫌われるかどうかとか、変に思われるかもしれないとか、そういう事は一切無視で良いのです。
それよりも目の前に居る相手に興味を持って相手を理解しようとすればそれで良いです。
自分の事を好きで興味を持ってくれる人が嫌な人はそんなに居ないです。
程度にもよりますが(笑)
後は相手に興味のある事について話を進めれば良いのです。
すると、相手のあなたに対する態度はかなり好意的になっているはずですから、人見知りを盾に会話しない時とは比べ物にならない程スムーズに会話を続ける事が出来るでしょう。

 

相手の話に共感出来なければ、別の切り口で話す

ただ、全ての人に興味を持つのは意外と至難の業です。
人間は自然と自分と似た人を好む習性があります。
もし、出会った相手が自分とはまったく性質が異なる人物であった場合、相手に興味を持つのが難しく感じるかもしれません。
しかし、相手に寄り添う事はそこでも辞めないで欲しいのです。
相手とは感じていることが違うと感じた場合でも、そこから考えられる共通点を必ず言うようにしてみて下さい。
例えば「私、犬が好きなんだよね。」と言う人に出会ったとして、自分は猫好きだった場合に「うわー、私は猫が好きなんですよね。残念!」と言ってしまうと、相手の好きなものを否定することになります。
ですから言い方を変えて、「うわー、動物が好きなんですか、癒されますよね。私は猫を飼っているのですが、とっても癒されてます!」と言うと今度は動物が好きという共通点が生まれますから、相手もそこに共感してくれるはずです。
そういった細かなやり取りは実際にやってみないと難しいものがありますが、慣れれば息を吸うように出来るようになりますので、実行して慣れてみると良いでしょう。

写真提供:valeblos

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る