衝撃の事実!25歳を過ぎたら見直すべきあなたの言動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
衝撃の事実!25歳を過ぎたら見直すべきあなたの言動

一言多かったり、毒舌を通りこしてキツい言動が目立ったり自分勝手な行動をとってしまったり・・・。
大人になると、そういった悪いところが見えても誰も注意してくれなくなってくると思います。
自分がもし、そういった「イタイ人」だったとしたら悲しいですよね。
特に女性は仕事や恋愛など環境の変化で性格が変わる人も多いようです。
男性からイタイ奴と思われるのはどんな人?&そう思われないために必要なことをご紹介したいと思います。

 

自虐キャラに走りすぎている

時々、目に余るぐらい自分を卑下して話している人を見かけます。
確かに「自虐キャラ」で周りから妬まれたりひがまれることを回避しようとする人は多いと思います。
ですが、それがエスカレートすると徐々にネガティブな感情にとらわれてしまう危険があるんです!
何度も同じ言葉や行動をしていると、脳はそれが良いことだと錯覚します。
それが演技だと自分では思っていても、無意識に言っていることが本当なのかもしれない・・・。
とマイナス思考を生み出します。
自虐が悪化すると、ヒステリーを起こすイタイ人になってしまう可能性も。
自虐は自分にとっても良いことはありませんし、男性からしてみれば「かかわりたくない女性」と認定されてしまうこともあるのです。

いつも暗い人とは、何となく距離を置きたくなるものです・・・。

衝撃の事実!25歳を過ぎたら見直すべきあなたの言動

 

物質的な豊かさをひけらかしている

25歳を過ぎると、仕事でもそれなりに稼げる女性が増えてくると思います。
収入が増え、今まで買えなかったようなハイブランドのバッグや靴、洋服が買えたり高級なレストランなどで食事をすることができたり・・・。
まさに大人の階段を昇って知らなかった世界を体験する人も増えてくる年齢です。
ただ男性から見ると、「付き合ったら高い物を買わされるのでは?」「バカにされそう」などと思うことがあるようなので要注意。
男性はプライドが高い割りに繊細な生き物です。
自分より稼ぎがありそう、自分の収入では満足してもらえないかも・・・。と思うと気持ちが冷めてしまうという男性は多いといえます。

 

25歳をすぎたら素直になろう

25歳というのは、何かと女性の中で節目となる年齢です。
肌質も変わってきたり、ライフスタイルなどを見直す人も多いと思います。
その時1番見直すべきことは、自分の性格!
20代前半と同じように25歳以降も年を重ねていくと、イタイ人になる確率がぐんと増えます。
特に素直になれない、ワガママ、言葉遣いが悪いなど大人になると許されなかったり上手く生きられない要因となる言動は見直すことが大切です。
私もありがとうは言えても、なかなか「ごめんなさい」と素直に謝ることができない生意気な20代前半を送りました。
今でも時々素直に謝れないこともありますが、20代後半になってからやっと「心からごめんなさい」が言えるようになりました。
自分を省みる気持ちがないと、せっかく素敵な恋人ができてもすれ違いが増え長続きすることはないでしょう。

素敵な女性になるための分岐点を大切に!

衝撃の事実!25歳を過ぎたら見直すべきあなたの言動

 

自分は自分、他人は他人と割り切る

人は比べる生き物ですから、ある程度周りと自分を比較するのは仕方がないことだと思います。
ただそこで誰かに比べて自分は勝っている、負けていると考えるのは×!
実際、表面上では幸せそうに見えてもその人がどんな生活をしているのかわからないものです。
他人と比べている時間があるなら自分磨きに専念すべき!
10代や20代前半は迷走することも必要です。
ですが25歳を過ぎたら、「どんな自分になりたいか」に焦点をあてることが魅力的な女性になる方法なのです。

衝撃の事実!25歳を過ぎたら見直すべきあなたの言動
お坊さんが教える イヤな自分とサヨナラする方法

 

全て思い通りにいくとは思わないこと

私はせっかちのため、マイペースな恋人に「なんでやること全て遅いの?」とイライラしてしまうことがありました。
「みんな自分と同じようにできる」という考えは大間違い!!
人それぞれ自分のペースがあります。
それが早かったり遅かったりするのは仕方がないこと。
あまり自分を押し付けすぎると、相手は息苦しさを感じます。
そして最悪あなたの元を去ってしまうこともあるのです。
若い時は自分のことで精一杯でも、20代後半にもなれば少し周りを見る余裕が出てくるはず。
力を入れすぎず、相手を受け入れる気持ちを持つことが恋愛では1番大切なことといえるかもしれません。

 

おわりに

社会で働くようになって慣れてくると、性格が徐々に確立されていくそうです。
子供のころは親、学生時代は先生、そして新社会人は上司と怒ってくれたり間違いを注意してくれる人がいます。
ですがだんだんと「怒られる側」から「怒る側」になっていくと、もう誰も叱ってくれる人はいなくなりますよね。
イタイ女にならないためにも、25歳を過ぎたら少し立ち止まったり省みる時間を意識的に作る必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る