逃げる女は追いかけたくなるは嘘、逃げる女は忘れられる!植物系男子の不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逃げる女は追いかけたくなるは嘘、逃げる女は忘れられる!植物系男子の不思議

草食系よりもある意味強い男子達

「男を夢中にしたければ、追いかけるのではなく追いかけさせろ!」
こんなセリフを人生の先輩たちに言われた事は1度や2度ではないのではないでしょうか。
しかし、それは真実なのでしょうか?
草食系男子や植物系男子という恋愛に積極的ではない男性陣達が昨今増えてきていますから、今までのガッツガツ恋愛好きの肉食系男子だけに向けた攻略法だけではこの時代を乗り切れないかもしれませんよ?
特に草食系男子よりも強力な植物系男子はおもしろいです。
基本的に恋愛に興味がなく受け身にも拘らず、恋愛経験もそれなりで、来るもの拒まずというスタンスです。
実はどの種族よりも最強にモテ男子体質なような気がするのは私だけでしょうか。
ということはですね、逆にドンドン追いかけて追いかけて、そして捕まえるしかない!という事になりますね。
そんな男子に嘘でも逃げるしぐさをしてしまったら、きっと彼らは2度と追いかけては来てくれませんね。
そして、悔しいからといってまた追いかけ始めると、「あれ、また来たの。」とでも言わんばかりの態度で自分の存在なんてきれいさっぱり忘れている可能性が高いのです。

 

自然だからこそハマってしまう

植物系男子は見た目は地味な事が多く恋愛願望が無い。
そして異性と付き合う事にやる気が感じられないのですが、そんな直立不動とも言える存在に夢中になってしまう女子たちも多いのだとか。
肉食女子にはなれないけれど、でも彼氏が欲しい!でも、断られたくない!という女子にぴったりなのがこの植物系男子と言ったところでしょうか。
確かに無害そうではあります。
私は自分からアプローチするタイプではないと考えている人も、意外と植物系男子なら簡単になびかせる事が可能かもしれませんので、諦めないで探してきましょう。

 

意外と情が深い場合もある

植物系男子は恋愛関係にはやる気が感じられないですが、それ以外では普通の男子と変わりませんので、長期間付き合って情が湧いたり友人以上の理解者になっていった時には心底相手の女性を必要としてくれる事もあります。
また、最初は全然好きじゃなかったけれど、付き合ってみたら意外と相性が抜群に良くて段々好きになっていくというパターンもあり得る様で、そこはやはり人間関係ですから、そんな相手に夢中になってしまう事も大いにあり得るのです。
ですから、植物系男子は私を愛してくれないかもしれないから…と考えて躊躇する人も、試しに付き合ってみると世界観が変わって見えるという事もあるかもしれませんよ。
お試しあれ!!

写真提供:kargaltsev

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事



ページ上部へ戻る