今すぐセルフチェック!うつ病になりやすい人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今すぐセルフチェックしましょう!うつ病になりやすいタイプとは…?

はじめに

現代社会において、うつ病は本当に深刻な心の病です。
見た目は前と何も変わらないので、他人から見ても何の問題もないように見えてしまいます。
しかし本人にとってうつの状態は非常に辛く、動きたいという意志はあるのに体が動いてくれない、辛いことや悲しいことばかり考えてしまうなど、生活のいろいろな面に支障が出てきてしまうことが多いです。
うつ病はその人の思考や感情や行動全てに影響し、今まと違ったものに変えてしまうので一度かかってしまうと回復に非常に時間がかかってしまう病気です。

また今まで行われた臨床研究によると、うつ病になりやすいタイプの人となりにくい人がいるらしく、なりやすいタイプの方たちは悩みをたくさん抱えたときやストレスが限界に達しそうなときに発症しやすいということが分かっています。
特に女性は元来男性よりうつ病にかかりやすい傾向があるので特に注意する必要があります。
あらかじめ自分がそのタイプに当てはまるかどうか知ることである程度予防することが出来るでしょう。
そこで今回は、うつ病になりやすいタイプについてお話していきたいと思います。

 

こんな人がうつになりやすい!

「几帳面」で「真面目」な人がうつ病になりやすいとよく言われています。
几帳面で真面目な人ほど何でも完璧にやろうとして頑張りすぎて体調を壊すことも多いと思います。
何でも完璧にやろうとする姿勢は良いことです。
しかし、完璧主義の方は自分が到達するべき基準を高く設定しすぎてしまう傾向があります。
そのせいで、努力した末それ相応の結果が得られたときは良いのですが、自分が望んでいた結果が得られなかったとき自分をひどく責めたり自信を失いやすいのです。
そして、自分を責めることにより正しい自分というものが分からなくなっていき、突然悲しくなったり憂鬱な気分が抜けなかったりといううつ病の症状が現れて来ます。
完璧にすることなど不可能なのですから、自分に求める基準を少しでもいいので下げるようにして、何でも気楽に取り組むことで防ぐことが出来るでしょう。

また、「頑固」で「責任感が強い」人も要注意です。
プライドが高く、自分の決めたことは最後まで貫き通し、意見を曲げないタイプの人は、行き詰ったり悩み事があっても人に相談したりせず、全て自分で解決しようとします。
男性にはこのタイプは多いかも知れませんが、論理的に悩みを解決しようとする男性は、解決することによってストレスもなくなるので問題ありません。
しかし、問題自体を解決するのではなく、人と話すことによって感情レベルで悩みを解決しようとしたりストレスを解消しようとする女性は、悩みを内に抱え込むことで余計に状況が悪化したりもします。
何か辛いことがあったら、信頼できる家族や友達にすぐに相談するようにしましょう。

以上の事に加え、自身で「正義感が強い方だ」と感じたならば、ストレスを溜めないように早めに対策しておいた方が良いでしょう。
正義感が強い人は、自分が間違ったことをしたと思ったときに自分をひどく責める傾向があります。
そして、自分を責めた結果自尊心や自信がなくなってうつ病を発症してしまう可能性があります。

 

おわりに

いかがでしたか?
もしあなたがここで挙げたタイプに当てはまっていて、最近毎日憂鬱な気分や倦怠感が抜けないと思っているようなら、今すぐ心の休息を取るようにしてください。
仕事を少し休めるのなら休暇を取るようにし、日々のストレスや悩みから離れて自分の好きなことを思いっきり好きなだけするなどして心の休息を取ってくださいね。
少し休んで気分がよくなっても無理は禁物です。
定期的にそういう休息を取ってうつ病を防ぐようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る