男性に求めすぎ?婚活をする際に気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性に求めすぎ?婚活をする際に気をつけたいこと

働く女性が増えて晩婚化が進んでいるようですが、年齢が上がるほど男性に求めるものも多くなってきますよね。
特に結婚相手となると、恋人を選ぶよりも慎重になる&ハードルは高くなります。
ですが、ハードルを上げることで素敵な出会いを見落としている可能性もあるようです。
婚活を現在している人&これからしようと思っている女性にちょっとしたアドバイスをしたいと思います。

 

経済面を気にしすぎは×

結婚となると、やっぱり気になるのがお金の面。
本音を言ってしまえばお金がない男性よりお金持ちの人の方が良いと思って当然ですよね。
ですが、それをあからさまにアピールするのは×!
よく、「最低500万円以上じゃないと無理」「1000万以上がいい」なんてテレビなどで言っている女性がいますが20代~30代半ばの男性の平均年収は350万~450万円。
今は年収が平均的でも、相手に将来性があるなら見守ってあげる気持ちを持ちましょう。
または「自分があげまんになってやる!」ぐらいの心意気が大切だと思います。

 

自分と価値観の合う人を候補に

婚活女性の希望を聞いてみると、イケメン・優しい・高収入・背が高い・スタイルが良い・・・といったハイスペックな特徴を挙げる人がいます。
理想が高いことは悪いとは思いません。
ただそんな完璧な人は、おそらく周りの女性達が放ってはおかないはずです。
また、万が一そういった漫画の世界のような人が現れても価値観が合わなければ一緒に居ても息苦しいだけだと思います。
まず大切なのは、お互いの価値観が一致しているかどうか。
結婚したらずっと一緒にいるわけですから、無理をしないでいられるかどうかを基準にすることがオススメです。

 

最初から専業主婦希望を見せない

結婚したら家庭に入りたいと思っている女性も多いと思います。
ですが、男性としては「家庭に入られると経済的に支えられるか不安・・・」と感じている人も多いようです。
最初から結婚したら仕事はしない!と言うのではなく、相手の様子を伺いながら自分の希望を言ってみるのがオススメ。
「結婚したら家事をしっかりしたいから少し仕事を減らしたい。」「子供が出来たら少し仕事はお休みしたい。」など、ストレートに言うよりも軽くジャブを打っていきましょう。

 

謙虚な気持ちを持つ

口では言わないかもしれませんが、男性は自分を大きく見せたい生き物です。
そういった気持ちを汲んで行動したり、謙虚な態度はかなり好印象を与えることができます。
ですが、ある程度婚活して「場慣れ」してくると興味の無い相手には冷たくあしらったり、わざとハイスペックな条件を突きつける女性もいるようです。
本命以外の相手にキツくしていると、本命の人にも日ごろのクセが出てしまうことがあります。
常日ごろから1歩下がって話すといった気持ちを持つことが大切です。

 

おわりに

相手に条件を押し付けすぎると、条件が合わなかった時に自分へのダメージが大きすぎて疲れてしまいますよね。
婚活をする際は、「力みすぎていないか?」と時々立ち止まってみることも必要です。
運命の人と出会えるかもしれない!といったワクワクドキドキした、楽しい気持ちで婚活に挑みましょう!

Photo by Eric Albee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。

関連記事


ページ上部へ戻る