「雨に濡れた靴が臭い!」梅雨時期におすすめの臭い・湿度対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
湿気対策で梅雨を乗り切る!

靴のお手入れ不足が臭いの原因に!?

外出先で突然の雨に降られた経験、ありますよね。
ここ数年、不安定な天候が続き、つい直前まで晴れていたのに、急なゲリラ豪雨に遭遇してしまった、なんてことも珍しくありません。
急なに降られても、洋服は傘でカバーできますが、靴はずぶ濡れになってしまうこと、しばしばですよね。

皆さん、濡れた時の靴のケアは万全ですか?
濡れてしまった靴をそのまま放置しておくと、雑菌が繁殖し臭いの原因になってしまうこともあります。
靴が濡れてしまった場合は、しっかり乾燥させることが重要です。
ただ、乾燥といっても、ドライヤーで乾かすのはNG。
急激な乾燥は靴の素材を傷めてしまい、色むらや型崩れの原因を引き起こしてしまうからです。

対処法としてお勧めは「新聞紙」。
まず新聞紙を手で丸めて柔らかくし、靴の中に詰め陰干しさせます。
決して直射日光に当てないのがポイント。
直射日光による急激な乾燥によって生地が収縮してしまうから。
風通りのよい涼しい場所で陰干しすることで、新聞紙が靴の中の湿気をゆっくりと吸い取ってくれます。
翌日に、半乾きの状態で再び靴を履いてしまうと、臭いはもちろんのこと、生地が傷み靴の寿命が短くなってしまいます。
長持ちさせるためにも、この時期は何足かの靴を用意しておくことも靴にとっては重要。
2〜3足をローテーションで履くのが長持ちの秘訣ですね。

どうしても濡らしたくないお気に入りの靴をお持ちの場合は、急な雨に備えて、オフィスに靴用の防水スプレーを置いておくことをお勧めします。
また、折りたたみ式のレインシューズを常備しておくのも、邪魔にならずいいですね。

 

部屋の臭いを換気で撃退!

この時期気になるのが、部屋の臭い。
長雨の影響でベランダに干せない洗濯物を室内で干す機会が増えるため、部屋の中はどうしても湿気でこもってしまいます。
室内の過剰な湿度は、カビの発生や臭いの原因に。
部屋の湿気をコントロールするには、こまめな換気が効果的です。
風がよく抜けるように端と端の窓を同時に開けると風の通り道ができるので、効率よく換気ができます。
難しい場合は、窓を開けた状態で扇風機やファンを回すだけでも、風が抜けて十分な換気ができますよ。
湿気がたまりやすい寝室や浴室は、特にまめな換気を心掛けましょう。

換気だけでは不十分な場合、エアコンや除湿器での除湿をお勧めします。
空気がからっとして、梅雨特有のじめじめっとした嫌な空気から解放されます。

換気や除湿が完了したら、お気に入りのアロマオイルで部屋の空気をリセット。
雨音とともに、リラックスしながら音楽に耳を傾ける…そんな梅雨の過ごし方も素敵ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る