スッピン厳禁!メガネでもメイクはきちんと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スッピン厳禁!メガネでもメイクはきちんと!

メガネだからといって、すっぴんはNG!

度入りのメガネや、ダテメガネ、サングラスなど…メガネの種類はさまざまですが、みなさんメガネをしたときのメイクは、どのようにしていますか?
メガネだからといって「すっぴん」が許されるなんて大間違いですよ。
顔色は悪く見えちゃうし、顔の印象も暗く、陰気な印象にうつってしまいます。
だからといって、普段メガネを掛けていない方がダテメガネを掛けたときに、いつも通りのばっちりメイクだと、やや違和感が残る…なんてことありますよね。
最近のメガネのトレンドは、フレームに存在感のあるものが多いので、アイメイクやチークをしっかり入れると、どちらも強調され、バランスを崩してしまいます。

 

メガネをかけるときのお勧めメイク

メガネを掛けると顔の中心にポイントがきますよね。
フレームの太さやカラーにもよりますが、つけまつげやマスカラなどであまり目元を強調するのはNG。
やり過ぎの印象を相手に与え、清潔感に欠けてしまうので避けたほうがいいでしょう。
アイメイクやチークも同様です。
あくまで控えめにしておいたほうが、よりメガネのデザインを強調できて、オシャレ感もアップします。
口元もやはり同じ。
あえて真っ赤なリップでも可愛いですが、メガネとのバランスを考えると、淡いカラーのリップやグロスがいいでしょう。

アイメイクやチークを抑えた分、ベースとなるファンデーションは、きちんとしておくのがポイント。
肌の色に近いナチュラルなカラーで仕上げると、メガネとのバランスもよくなり、見た目もきちんとして見えるので、いつもより知的な印象を与えてくれます。
また、メガネを掛けると目元に影ができることもあるので、目の下のクマやくすみが気になる場合は、コンシーラーを塗ってカバーしておくことも忘れないで。
「鼻あて」のあとが気になる方には、鼻あてが当たる部分のファンデーションを薄くするか、乳液程度にとどめておくほうがいいでしょう。
それでも跡が気になるという場合は、一度眼鏡店に相談してみるといいでしょう。
長時間メガネをつけていると、自然と鼻あては変形していきます。
顔のパーツに合わせた調整をしてもらうことで、メガネのゆがみなども改善されますよ。

メガネをかけると、視線が顔の中心に集中するので、鼻やおでこのテカリが強調されてしまうことも。
オイリー肌の方は、あぶらとり紙や化粧直しで、肌のコンディション管理に気を配ってください。

最近では、手頃な価格ながらデザイン性にも優れたメガネが、数多く販売されています。
視力矯正だけを目的にするのではなく、メイクとのバランスも大切にしておしゃれを楽しんでみてください。

写真提供:David Photo Studio

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る