美肌だねって言われたい!ナチュラルメイクで素肌美人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美肌だねって言われたい!ナチュラルメイクで素肌美人に

自然な仕上がりで素肌感をアップ

まるで陶器のように白く透けた肌は、女性の憧れですよね。
透明感のある滑らかな肌を手に入れるには、日々の丹念なスキンケアはもちろんですが、普段のメイクにもヒントがたくさん隠れています。
今回は、素肌の美しさを引き出す「ナチュラルメイク」のコツをご紹介します。

肌をきれいにみせようとして、ついついベースやファンデーションを厚塗りしてしまい、逆に厚ぼったくなってしまったという苦い経験をお持ちの方、いらっしゃいませんか?
汗をかきやすい夏は特に、化粧崩れが気になりますよね。
化粧の崩れの大きな原因は、ファンデーションの塗りむらがあるから。
化粧が崩れやすいこの季節だからこそ、下地やファンデーションはできるだけ薄く丁寧にのばすことをお勧めします。
では、さっそく、夏に負けないベースメイクの作り方をご紹介します。

 

素肌美人を作るベースメイク法

まず、洗顔後、化粧水、乳液で肌をしっかり整えます。
べたつく季節でも乳液でしっかり保湿することで、肌の乾燥を防げるので、化粧ノリも良くなります。

次に、下地クリームを手の甲に適量とり、指のはらを使って、おでこ、鼻、ほおの上に、クリームをのせていきます。
顔の内側から外側にむけて、丁寧にうすくのばしていくのがポイント。
ここは、ムラができないよう、丁寧に丁寧にのばしていくのが重要です。
クリームを選ぶポイントは、肌になじみやすいか。
肌へのなじみが悪いと使用する量が増えてしまい、結果的に厚塗りを招いてしまいますから。

次は、ファンデーションです。
ファンデーションは肌の色よりワントーン明るい色を選びましょう。
紫外線防止効果のあるSPF表示のあるものを選ぶと、美白にもつながりますよ。
ファンデーションには、「クリームタイプ」と「パウダータイプ」がありますが、これは今の肌の状態で選ぶのがお勧め。
基本的な違いとしては、乾燥肌の人はクリームタイプを、オイリー肌の人はパウダータイプがお勧めです。

クリームタイプは下地と同様、丁寧に薄くのばしてください。化粧崩れが特に気になる鼻やおでこは、より薄くのばすことで、ナチュラル感もアップします。
クリームタイプをご使用の方は、仕上げのフェイスパウダーをお忘れなく。
パウダーをパフに十分なじませて、手の甲に一度はたいてから、肌にのせていくと、よりきれいな肌に仕上がります。
陶器のようななめらかな肌を目指すなら、ここでも決して厚塗りはせず、肌をみがくようなイメージで、丁寧になじませてください。

パウダータイプのファンデーションは、スポンジにファンデーションを適量とり、ここでも一度手の甲に乗せて量を調整しながら、肌になじませて。
毛穴を埋めるように塗り込むのはダメ。
逆に毛穴が目立ってしまい、べたっとした印象になってしまいます。
パウダーを肌になじませるようなイメージで、スポンジを顔の中心から外側にかけてゆっくりすべらせてください。

 

ベースメイクを維持させるコツ

基本となるベースメイクはこれで完成です。
朝にメイクをすると、昼間の活動によって汗をかいたり皮脂が分泌されることで、夕方にはメイク崩れが起きてしまいます。
やはり、まめなメイク直しもナチュラルな肌を作るのに重要なポイント。
化粧のよれが気になる箇所に、化粧下地を薄くのばし、パウダーファンデーションを軽くなじませると、化粧し立てのような状態へと戻ります。
丁寧なベースメイクと、まめな化粧直しで、素肌美人を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る