女性にうれしい効能まんさい!「えのき」のおすすめレシピ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性にうれしい効能まんさい!「えのき」のおすすめレシピ6選

突然ですが、皆さん「えのき」はお好きでしょうか。
著者は小さなころから大好きで、すき焼きをしてもお肉よりもえのきばっかり取るような子供でした(笑)
今でも好きでたくさんのえのき料理を作っているので今回はいくつかレシピをご紹介したいと思います。
そもそもえのきの魅力って…ということですが、最大の特徴はカロリーの低さでしょうか。
たんぱく質や脂肪の代謝をよくするビタミンB2も含まれているのでダイエット食としてもぴったりです。
またえのきに含まれる食物繊維はほとんどが不溶性のものなので、腸の働きをよくして便秘を予防してくれます。
さらにさらに!カリウムやマグネシウムなどのミネラル成分の含有量はきのこ類ではトップクラスなのです。
女性にうれしい効果をこんなにももたらしてくれる「えのき」、をぜひ食卓に並べてみませんか?

 

「お弁当のすき間にぴったり♫えのきの梅和え」

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド] お弁当のすき間にぴったり♫えのきの梅和え
by きぃ♪♪さん

こちらは名前通り、著者がよくお弁当のおかずの一品として作るレシピです。
えのきをレンジでチンして、叩いた梅と和えるだけ。
洗い物も少なく、非常に簡単なレシピです。
冷やして食べるとさっぱりとした美味しさがより引き立って美味しいです。

たまにアレンジして梅だけでなく鰹節と少量のマヨネーズで和えるのですが、こうすると少しこってりとして食べごたえや満足感が増すのでおすすめですよ。
ちなみにレシピ通り3分チンするとえのきが結構やわらかくなりますので、食感を残したい方はもう少し短い時間でもよいかもしれません。

 

エノキと卵だけで簡単&美味しい中華♪

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド] エノキと卵だけで簡単&美味しい中華♪
by mojさん

これは主食としても大活躍間違いなし!
男性にも喜ばれる一品です。
卵とえのきというヘルシーな組み合わせですが、濃い目の味付けなのでごはんがもりもり進みます。
オイスターソースとごま油でコクもアップしています。
調味料の分量は味見しながらお好みに合わせるのがおすすめです。
えのきだけでなく他のお野菜を入れるなどのアレンジもできますよ。

 

エノキタケで自家製なめ茸

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド] エノキタケで自家製なめ茸
by kuisinbouさん

はじめてこのレシピを作ったときはあのなめ茸が自分でも作れるんだ~と感動したのを覚えています。
そう!ご飯のお供として有名なあの瓶詰めのなめ茸が自宅でも作れるのです。
しかも自分で作れば余計な添加物を使うこともないので安心ですよね。
作り方もシンプルで簡単なので一度作っておけば常備菜としても活躍してくれますよ。

 

かんたん旨い!鶏とえのきの炊き込みご飯

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド] かんたん旨い!鶏とえのきの炊き込みご飯
by 梶原鮎友さん

炊き込みご飯って簡単なのに豪華に見えてすごく便利だな~と思います(笑)
こちらもお米を普段通り用意したら、具材と調味料を入れて後は炊飯するだけで完成です。
ポイントとしてはお米をしっかりと吸水させること、こうすることで芯が残らず美味しく炊くことができます。
残った炊き込みご飯をおにぎりにして朝ごはんに出せば朝から豪華な食事を楽しめるのでおすすめです。

 

肉なし!エノキ茸とおからのハンバーグ

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド]肉なし!エノキ茸とおからのハンバーグ
by cotsさん

こちら、見た目はハンバーグそのものですが、実際はお肉を使っていません。
食物繊維豊富なえのきとおくらの相乗効果でお腹もすっきり、便秘解消にも効果的な一品ですよね。

 

えのきとにんにくツナ醤油スパゲティ

えのき,ヘルシー,ダイエット,美容健康,レシピ,おすすめ
[クックパッド]えのきとにんにくツナ醤油スパゲティ
by キャラメリーナさん

こちらはツナ缶に直接味付けをしてしまう時短レシピです。
パスタ料理をする際は少しパスタを少なめにしてえのきでかさ増しするとよりヘルシーに仕上がります。
ちなみにこのレシピはツナ缶に含まれるオイルもそのまま使うので、いい油が入っているものを使用することをおすすめします。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
何か作ってみたいレシピはありましたでしょうか。
えのきをメインとしたお料理も良いですが、例えばお肉料理のかさ増しとして活用するのもいいですよね。(えのきをお肉で巻いてみたり…)
お肉の旨みが染み込んだえのきは格別に美味しいのでおすすめです。
ちなみにえのきを選ぶ際は白くて、柄の方が太く、かさが開いていないハリのあるものを選ぶようにしましょう。
ぜひ今日の食事から、えのきを取り入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る