一日一粒の黒にんにくで毎日をよりエネルギッシュにしませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一日一粒の黒にんにくで毎日をよりエネルギッシュにしませんか??

皆さん、「黒にんにく」ってご存知でしょうか。
黒いにんにく??と思われる方が多いかと思いますが、実は著者自身も最近までその存在を知りませんでした。
たまたまいつも行っている自然食品のお店で気さくなおじさんが店頭試食体験をやっていて…。
「いいから食べてみな~」なんて言われながら一口食べてみたのがきっかけです。
いろいろと説明を受けているうちに「黒にんにく」ってすごい!!と思ったので今回はぜひ「黒にんにく」についてご紹介したいと思います。

 

「黒にんにく」には臭いがない

黒にんにくは熟成させることで、 にんにく臭の原因であるイオウ化合物を除去することに成功しています。
にんにくってどうしても口臭が気になってしまって食べるのに躊躇してしまうことがありますよね。
ですが、黒にんにくならその心配はありません。

 

新成分「S-アリルシステイン(水溶性含硫アミノ酸)」の誕生

にんにくを熟成し黒にんにくにすることで、「S-アリルシステイン」が生成されます。
聞きなれない言葉かと思いますが、「S-アリルシステイン」とは、ポリフェノールの一種で普通のニンニクには含まれていないそうです。
「S-アリルシステイン」の効能はというと、非常に強力な抗酸化作用をもっていて、高血圧の改善動脈硬化の予防心臓疾患の予防ボケ予防ガン予防などのいろいろな症状の改善に有効的であるといわれています。
また、「S-アリルステイン」は水溶性なので、腸から吸収されやすく、血液と共に身体の中を巡り速やかに排出され、血管内では、活性酸素と悪玉コレステロールの結合を防止するという嬉しい働きがあります。
さらに、悪玉コレステロールを激減させ、血液をサラサラにしてくれる効果や、老化が影響する脳の萎縮を抑制する働きもあるので、学習能力の向上にも効果的といわれています。
最後は、著者が店頭でおじさんにも教えて頂いたことなのですが冷え性の根本的な改善にも役立つそうなのでこれからの寒い季節に特におすすめです。

黒にんにく,おすすめ,効果
黒にんにくほぐし
こちらは著者が実際に食べさせて頂いた商品で、「黒にんにくほぐし」です。
青森県福地六片種にんにくに添加物を加えたり酵母などの液につけることなく、温度と湿度が管理された熟成室の中で約1ヶ月間、宇治茶の上でにんにく自体の力だけで熟成させたにんにく本来の力を引き上げた商品です。
熟成発酵させることにより、身は黒く、糖度が約43度と高くなり、プルーンのように非常に食べやすくなっています。
見た目もプルーンによく似ていて、噛めば噛むほど甘酸っぱさを感じることができました。
生のにんにくのように胃への刺激が少ないのでお年寄りからお子様まで食べることができますが、基本的に1日の目安は1~2片(10グラム)だそうです。
ちなみにこちらの商品も先ほどご説明したように、にんにく特有の香りはほとんど感じることがありません。
口臭を気にせず食べることができるのも女性にとってうれしいポイントですよね。

ちなみに有名レシピサイトでは、なんと黒にんにくを自宅で簡単に作る方法も紹介されていました。販売されている黒にんにくの製造方法とは異なるそうですが、発酵して作っていることや、味も全く似たものだそうなのでぜひ試しにつくってみてはいかがですか。

☆まるでスィーツ☆高級黒にんにくの作り方

黒にんにく,おすすめ,効果
[クックパッド] ☆まるでスィーツ☆高級黒にんにくの作り方
by chapekoさん

炊飯器の釜に外皮をむいたにんにくを入れてスイッチを押すだけの簡単レシピですが、「炊飯」ボタンではなく「保温」ボタンを使うことにご注意くださいね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
見た目は真っ黒で正直初めは驚きましたが、実際食べてみるとにんにくとは思えないほどジューシーで、甘酸っぱさがやみつきになってしまいました。
その日は結局「家族の分も持って帰りな~」と気前よく何粒か頂いたのでぜひ今度は実際に購入してみて「一日一粒」を元気の素として毎日の食生活に取り入れてみようかな、と思います。
皆さんもご興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る