目指せ!透き通るようなキレイなお肌!おさえておきたい栄養素3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目指せ!透き通るようなキレイなお肌!おさえておきたい栄養素3選

「キレイなお肌になりたい」女性は誰しもがこう思っているのではないでしょうか。
そのために高価なスキンケア用品を使ったりエステに行ったりするのもよいですが、せっかくならば毎日の食事のなかで美肌をつくりだすような食材を積極的に取り入れてみませんか??
そこで今回はお肌をキレイにする栄養をもった食材をいくつかご紹介したいと思います。

 

コラーゲン・ビタミンC・ビタミンA

美肌をつくるために必要な代表的な栄養素はコラーゲン、ビタミンC・Aが挙げられます。
まず簡単にご説明すると、コラーゲンは紫外線などの外的ストレスによってダメージを受けたお肌の修復・再生を促す働きをもち、次にビタミンCは粘膜や血管を丈夫にし、肌にハリをもたらせてくれます。
また副腎皮質ホルモンの合成に関わり、ストレスを緩和してコラーゲンの吸収効果も高めます。
3つ目のビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち、免疫機能を維持する働きをもっています。
それではここからそれぞれの栄養素を多く含む食材についてご紹介していきます。

①お肌の再生に!「コラーゲン」

  • 手羽先
    鶏肉は低カロリーなうえ、消化もよいのですぐれたたんぱく源と考えられています。
    そのなかでも特にコラーゲンが豊富な部位が手羽先です。
    この美肌効果は古来から知られており、楊貴妃も好んで食べていたといわれています。
  • かれい
    白身魚の代表であるかれいは、消化吸収にすぐれたたんぱく質が豊富です。
    特に味がよいといわれている「えんがわ」(ひれの付け根)の部分にはコラーゲンが豊富に含まれています。
    また子持ちかれいは、粘膜を丈夫にするビタミンAが豊富なのでこれからの乾燥しがちな寒い季節にぜひとも食べたい食材です。

 

②透き通るような白さへ!「ビタミンC」

  • じゃがいも
    じゃがいもは普段から常備されやすい野菜ではないでしょうか。
    年中出回っていますし、煮物にしてもサラダにしても美味しい万能野菜ですよね。
    そんなじゃがいも、主成分は炭水化物ですが、実はビタミンB群やCも豊富なのです。
    本来ならばビタミンCは加熱調理や水にさらしてしまうと栄養素が損なわれてしまいやすいのですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに保護されているので壊れにくいという特徴をもっています。
    また、余分なナトリウムを排泄してむくみを解消してくれるカリウムも豊富に含まれています。
  • グレープフルーツ
    グレープフルーツに豊富なビタミンCお肌に潤いを与え、疲労やストレスからの回復に効果をしめします。
    また、果皮や袋、皮の裏側の白くてふわふわした部分などには抗酸化作用のある食物繊維のペクチンがたっぷり含まれています。

 

③眼に効く!「ビタミンA」

  • うなぎ
    昔から滋養強壮食として食べられてきたうなぎですが、ビタミンAが特に豊富で、蒲焼1人前で一日の所要量のほぼ3倍がとれるといわれています。ちなみに動物性食品に含まれるビタミンA「レチノール」は乾燥肌や肌荒れに効果的で、植物性食品に含まれる「βカロチン」は体内でビタミンAに変わりますがそれ自体で強い抗酸化作用を発揮してくれます。
    このレチノールとβカロチンは同量とるのが理想的とされていますので、バランスよく取り入れていきましょう。
  • モロヘイヤ
    モロヘイヤが「王様の野菜」と呼ばれているのをご存知でしたでしょうか。
    モロヘイヤはビタミン、ミネラル、食物繊維といった基本の栄養素が多く特にβカロチンの含有量は緑黄色野菜の中でもナンバーワンです。
    強力な抗酸化作用のほか、葉を刻んだ時にできる粘りの素のムチンは胃の粘膜を保護して疲労を回復させる効果があります。
    納豆や長芋などの同じネバネバ食事と組み合わせることで効果が倍増するといわれています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
どの食材も日常的に取り入れやすいものばかりですよね。
食べたものがわたしたちのカラダを作っていきますので、ぜひ今一度ご自身がふだん口にするものについて振り返ってみて、足りない栄養素を積極的に補っていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る