生理中の不調ケアにおすすめの過ごし方6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生理中の不調ケアにおすすめの過ごし方6選

生理中のつらさは人それぞれかと思いますが、イライラしてしまったり、頭痛やだるさに悩まされたり、便秘や下痢といった症状がでたり、といったことがありますよね。
しかし月経は女性ホルモンのリズムの目安にもなる大事なものです。
ですから、今回は少しでも生理中のつらさを緩和するようなおすすめの過ごし方をお伝えしたいと思います。

 

いつもより少しペースを落とす

この時期は体調も気持ちも不安定になりがちな時期なので、いつもよりものんびり自分をいたわってあげましょう。
普段は習慣にしているようなことでもこの時期はあまり無理をせず「まぁいっか」というおおらかな気持ちで過ごしましょう。

 

腰周りを温める

おへその周りやお尻の仙骨の周りを温めましょう。
著者はつらい時は携帯カイロを2つ貼るようにしています。
また、夏でもクーラーのきいたオフィスでは冷えてしまうのでブランケットなどを用意しておくのがおすすめです。

 

体を締め付けない

生理中は経血が漏れるのが心配でガードル等で締め付けてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、血行が悪くなってしまうので逆効果だそうです。
体を締め付けず、保温効果が高い衣服や下着で血行やリンパの流れを滞らせないように気をつけましょう

 

軽い運動をする

無理な運動は避けたいですが、軽いウォーキングであれば全身の血液循環をよくするためにもおすすめです。
また外で自然を感じながらのウォーキングはリフレッシュにもなりますよね。

 

鉄分を摂る

出血で失われがちな鉄分を補うために、ひじきやレバー、赤身の肉などを積極的に摂りましょう。
ビタミンCや葉酸と合わせて摂ると吸収力があがるそうです。
また、血行を促すビタミンEが豊富なナッツやかぼちゃなどもぜひ摂っていきましょう。

 

お風呂で温まる

生理中は湯船につかるのは避けている、という方もいらっしゃるかもしれませんが、生理中こそお風呂に入って滞った血流を改善したいものです。
短い時間でもよいですし、もしどうしても入浴が難しければ、15分ほどの足湯もおすすめです。

Photo by Jack Batchelor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る