今こそ見直しみませんか?正しいクレンジング法とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今こそ見直しみませんか?正しいクレンジング法とポイント

皆さんは正しいメイクの落とし方をご存知でしょうか。
ただなんとなくメイクが落ちればいいかな~なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、毎日行うことだからこそ、正しい方法を学んでお肌にも負担がかからないようにしたいですよね。
そこで今回はクレンジングの正しい方法とポイントをご紹介したいと思います。

 

正しい使用量を守る

大抵のクレンジング料には適量が添付されていますよね。
以外とあれって見逃しがちではないでしょうか。
クレンジング料をケチって少量でメイクを落とそうとすると、肌になじませる時に量が少ないため摩擦が起きやすくなってしまいます。

 

適量の半分の量をTゾーンから

顔の皮膚の中でも比較的強い部分というのがTゾーンだそうです。
ですから、まずはTゾーンにクレンジング料をのせ指の腹を使ってなじませていきましょう。

 

残りの半量はUゾーンへ

再び手のひらのクレンジング料の残りをとって、頬などのUゾーンにのばしていき、メイクアップ料となじませておきましょう。
その際はタマゴを割らない程度の力加減で行ってみてください。
この、タマゴを割らない力加減ってかなり弱めなんです。
実際に卵焼きを作る時に卵を持とうとしたら全然力をいれていないことに気がつきました。
優しく優しくふれるようにしましょう。

 

最後は目元、口元を

目元や口元はもっとも皮膚が弱いところです。
この部分は特に優しくていねいにメイクアップ料となじませることを心がけてみてください。

 

ぬるま湯で洗い流す

しっかりとメイクアップ料となじませることができたら、手早くぬるま湯を使って洗い流していきましょう。
多少のベタつきがあっても続けて洗顔料を使った洗顔を行えば問題ないそうです。
また、洗い流す水の温度は熱すぎても冷たすぎてもよくないんですよ。
熱すぎるお湯だと肌の乾燥を促してしまいますし、冷たすぎると油が固まって汚れが落ちないのです。
人肌程度のぬるま湯で行ってください。

 

時間をかけすぎない

クレンジング量は肌に負担がかかるので、なるべく短時間で済ませるようにしましょう。著者も昔は良いと思ってクレンジングをしながらマッサージをしたりしていましたが、すすぎも含めて約1分間を目安に終わらせるようにしましょう。

ポイントメイクの落とし方

濃いアイメイクや、口紅などは落ちにくいがゆえにゴシゴシこすってしまいがちですよね。
目の周りや口元は大変皮膚が弱いので顔全体のクレンジング前に落としておくことをおすすめします。
その際、薬局等で売られている精製オリーブオイルが活躍するそうです。
これは食用ではなくて皮膚の保護などのために使われるものだそうですが、界面活性剤が入っていないので肌にやさしくメイクアップ料を落とすことができます。
ポイントメイクの専用リムーバーも売られていますが、それでは刺激が強い方はぜひお試し下さい。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
こんなこと知っているよ~!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、美容情報には強い!と信じていた著者も正しいクレンジング法が出来ていませんでした。
クレンジングの時間は長いし、乾燥を防ぐためにと思って1年中冷水で洗うようにしていました。
基本的なことだけど、だからこそ意外と見落としてしまっていることがあるかと思います。
ぜひ今一度ご自分のクレンジング方を見直してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る