ダイエット中でも外食を楽しみたい!そんなあなたにおすすめのヘルシーテクニック4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット中でも外食を楽しみたい!そんなあなたにおすすめのヘルシーテクニック4選

みなさん、外食はお好きでしょうか??
テレビや雑誌で新しいレストランなどが特集されるとついつい行ってみたくなりませんか?
今度の女子会はここがいいかな?なんて考えることもあるかもしれません。
著者自身は自分で作って家でのんびり食べるのも好きですが、外食には外食ならではの良さがあるのでこちらも好きです。

ただ、外食が続いてしまうと野菜不足かな~とか、カロリーオーバーだなぁと心配になってしまいますよね。
そこで今回は外食を楽しみながらもヘルシーにするおすすめの簡単なコツをいくつかご紹介したいと思います。

 

外食を楽しみながらもヘルシーにする簡単なコツ

一口目は野菜から

お腹が空いているとついついがっつりとしたものから食べたくなってしまいますよね。
でもまずは野菜などを使った料理を食べましょう。
血糖値が急上昇するのを防ぐことができます。
スープなどカラダを温めるものを飲むのも効果的です。
ただし、嫌いなのにダイエットのためだからといってサラダを山盛り食べたりするのは避けた方がいいと思います。
結局満足感が得られなくて主食や主菜を余計に食べてしまうことは防ぎたいですよね。

 

なるべく素材に近いものを選ぶ

外食でメニューを選ぶ際は素材に近いものを選んでみましょう。
例えばお肉料理だったらステーキを、お魚料理だったら焼き魚を、といったところでしょうか。
居酒屋でお酒のおつまみを頼む際も揚げ物や濃い味付けのものは適度にして、焼き鳥やお刺身などできる限り素材に近いものがおすすめです。

 

丼ものよりも定食を

丼ものも魅力的ですよね!
特に著者は海鮮丼が好きなのですが、あの酢飯の上にたくさんのキラキラ輝くお刺身がふんだんにのっている姿は本当に見ているだけでよだれが出てしまいそうです…。
しかしながら、やはり丼ものよりも定食の方が品目も多いので栄養バランスが整っていることが多いでしょう。
定食には主菜の他に副菜が何品か、そして汁物までついてきますからね。
もしどうしても丼ものやパスタなどといった単品メニューが食べたい時はサラダを追加で頼むなどの工夫をしてみましょう。

 

食べると決めたら思い切り楽しむ

これはコツといっていいかはわかりませんが、せっかくの外食の楽しいときなのですから、カロリーに気をとられすぎるのも寂しいですよね。
食べるときは楽しむと決めて、もしもどうしても食べ過ぎてしまった際は、翌日からの食事を調整していきましょう。
その際も全く食べない!なんてことはせず不足している栄養素を補うイメージで調整してみてください。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
何かご自身の生活に取り入れられそうなものはありましたか?
無理せずできそうなことから始めることをおすすめします。
ちょっと意識するだけでも随分カラダへの影響が変わってくると思いますのでこれからの時期にぜひご活用してみてください。

Photo by UweRichterPhotography

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る