手の平に便秘解消のツボがあった!いつでも簡単手の平マッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手のひらマッサージで気軽にどこでも便秘退治をしましょう!

はじめに

「ストレス濃度の上昇と共に私の便秘濃度も濃くなっていく毎日だわ…。」
そう感じている女性はあなただけではないかもしれませんよ。
働く女性の約6割程度は何かしらの胃腸の不調を感じているとのデータが出ています。
もちろんこれは統計絵的なデータに過ぎませんから、これよりもあなたの周りの働く女性は胃腸の不調を感じているのかもしれませんし、それよりも少ないのかもしれません。
しかし、現代ではストレスを感じない人は少なく、そのストレスの弊害が胃腸に表れる人も多いのです。
特に日本人は欧米人に比べて胃腸が弱いとされています。
あなたももしかしたら、何かしらの経験があるのかもしれませんね。
続く激務によって便秘になったとか、突発的にミスをしてしまってそれ以来下痢になってしまった、など。
その中でもストレスを抱える女性に多い症状とされているのが便秘です。

便秘は誰にでも起こり得るものです。
しかし、「いつものこと。」と安易に放置しておくとその体質が慢性化したり、他の体調にも影響が現れるのであまり便秘を無視するもの考えものです。
便秘解消には様々な方法がありますが、毎日の仕事やプライベートで忙しい女性にとってかしこまって時間を取るタイプの便秘解消法ではなく、気がついた時にいつでも出来る解消法についてご紹介します。

 

♪毎日、毎時間、どこに居ても実行できる方法♪

さて、本題に入ります。
どこでも気がついた時にいつでも出来るというのはとても嬉しいですよね。
特に何かを買い足す必要もありませんし、主にデスクワークの人は1日中座りながらちょっとした空き時間に実行することが出来るのです。
それが、手のひらもみもみマッサージです。
手のひらをもみもみするだけで便秘解消するなら今までの苦労はなんだったんだ??という声も聞こえてきそうですが、これは真実です。

手のひらにも足の裏と同様に沢山のつぼが存在している事はご存知でしょうか。
つぼは馬鹿に出来ない効果を発揮します。
東洋医学では、身体の気の巡りを良くすることで身体の不調はほぼ改善すると言われている位、身体の気の流れは身体の機能の正常化にとって欠かせないものです。
気が体内で滞ると血液や水分も体内で滞ることになるので、身体の不調もMax状態です。
身体の流れが悪くなると腸の流れも滞ります、という事で気が流れる状態を常に作っておくことが便秘解消の第一歩となります。

 

♪手のひら全体をもみもみして血行を良くすることから始める♪

手のひらは沢山の神経やつぼが張り巡らされている大事な器官なので、まずは手のひら全体をもみほぐすことによって手のひらの血流をアップさせてみて下さい。
そうすることで、後でピンポイントに刺激するつぼにとっても相乗効果が期待できます。

手のひらがじんわりとしてきたなと思ったら、まずは血流を良くさせるつぼです。

  1. 左手をぎゅっと握ってみて下さい。(右手はつぼが違います)
  2. 握って中指が当たる所がつぼです。(労宮ろうきゅう)
  3. 気持ち良いと感じるまでギュッと刺激する。

どうですか?
便秘体質の方は血流が悪いので刺激すると少し痛いと感じるはずです。
気持ち良いと感じられるようになるまで続けましょう。

次に…

  1. 親指と人差し指の間にあるつぼを反対側の手で探り当てる。(痛いと感じる所・合谷ごうこく)
  2. 合谷の場所をグーっと押さえつける。
  3. 合谷の場所をグリグリとじんわり刺激する。

どうでしょうか?
これらの場所を定期的にじっくり刺激していけば便意を感じるようになるはずです。
つぼはじんわりと効くことが多いので、すぐに効かなくても諦めずに取り組み続けてみて下さいね。
いつしか実感出来る時が来ますから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事



ページ上部へ戻る