お風呂嫌いでも大丈夫!コショウ足湯で血行促進、記憶力も改善できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お風呂嫌いでも大丈夫!コショウ足湯で血行促進、記憶力も改善できます

お風呂は毎日入れない、でも身体が冷える

忙しいとお風呂に入るのもめんどくさいですよね。
でも、お風呂につかった方が健康に良いのは分かっています。
それでも、熱い夏は特に入るのを躊躇しちゃう人も多いのではないでしょうか。

お風呂に入るのはめんどくさいけれど、全く入らなくては身体の疲れが取れにくいので嫌だという人におすすめしたいのが“コショウ足湯”です。
足湯なら全身浸からなくても足だけお湯につかれば手軽に血行促進が出来るので冷え症の対策にももってこいです。

暑い夏でも、座りながら冷えを解消出来るので非常にすっきりと爽快になります。
しかも、コショウ足湯は身体の血行を促進するだけではなく、脳の血行も促進するので脳も活性化し記憶力も向上する効果まであるのです。

コショウに含まれているその香りが脳に効果的に作用するという事なのですが、コショウのあの独特の香りは6つの香り成分から構成されていて、その6つそれぞれに共通する効果があり、それは“むくみ解消”となっています。
つまり、コショウの香りを嗅ぐだけで血行が促進されるのです。
そして新陳代謝が活発になり、余分な水分が排出されていき元に戻るという訳ですね。

これを続けるとむくみ解消だけでなく、むくみ防止にも一役買ってくれるのでいつでもむくみにくいすっきり美人になります。

 

コショウの香りが脳や気分にも作用する

コショウの香り成分はミカンにも含まれているリモネンという香りですが、このリモネンが脳の血行までも良くしてくれ脳を活性化してくれます。
どうしても決断力が出ない時や意欲を高めたいという時にも効き、落ち込んだ気分を高揚させ元気にしてくれる働きもあるのです。
このリモネンは気分転換にも活用でき、ストレスで毎日イライラ、落ち着かないという感情もゆっくりと静める作用があるので、1日の終わりにコショウ足湯を実行すれば、身体も脳も同時にリフレッシュすることが可能になり、明日へのリセットを効果的に取ることが出来ます。

それ以外にも…コショウは、フェランドレンというせきを止めてタンの切れを促進するという効果もあるので、ストレスで咳が出るタイプの人にもおすすめです。
また、βカリオフィレンという成分が体に溜まった老廃物の排出を促してくれるという素晴らしい効果もあるので身体の毒出しという点では本当に優れている材料です。

 

足湯は簡単に準備できる

足湯は洗面器などに40度~42度のお湯を用意してコショウを適度に振りかけるだけ。
この時お湯が真っ黒になる位入れない様に注意して下さい。
余り入れ過ぎると肌が刺激でピリピリして困りますので、コショウの匂いを感じる程度で結構です。

大体目安は20分程度ですが、時間はお好みで調節してみて下さい。
あくまでも自分で気持ち良いと感じる位でないと効果が出ません。
足湯につかっている時間が長くて逆にイライラしてきては仕方ありませんので、長いと感じる様なら時間を短縮して工夫すると長く続くと思います。

 

おわりに

コショウ足湯は毎日やっても問題ないですが、週に1回だけとか、特にストレスが溜まっている時などに実行するとその爽快感が実感出来るので、自分の中のストレス度が溜まってきたなー、と感じる時に小まめにやってみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事



ページ上部へ戻る