体の不調は色で改善出来る!このカラーで体調をセラピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体の不調は色で改善出来る!このカラーで体調をセラピー

好きな色と今必要な色はもしかしたら違うのかもしれません

 街を歩いていても、家の中に居ても私達は多種多様の色たちに囲まれて暮らしていますよね。
色には不思議な力が宿っていますがあなたはその恩恵を受けているでしょうか。
もし、最近身体の調子が悪いという事が増えていて何か解決策はないかと悩んでいるのでしたら簡単に実行できる色でのセラピー効果を実践してみて欲しいです。
色で身体の不調が改善するなんて信じられないと思うかもしれませんが、色を通して身体に波動を送り込んで、その波動が正常ではない身体の調子を整えてくれる働きがあることは10年以上もの研究結果で分かっている事実です。

カラーセラピーの最大の特徴は【痛くない・熱くない・即効性がある】に尽きます。
実は皮膚も色を見る事が出来るので、肌に直に身に付けることで更に改善しやすい事が分かっています。
暖色系の色は暖かく感じたり、寒色系の色は寒く感じたりするのは経験則で何となく分っていることかもしれませんが、色の効果は身体の不調にまで作用するというものすごい味方なんです。

 

色の効果とは

  • 腰痛に効くのは【黄緑色
  • 貧血や低血圧、アンチエイジングに効くのは【ピンク
  • アレルギー湿疹に効くのは【ターコイズブルー
  • 極度の緊張やパニック状態に効くのは【淡いグリーン
  • 頭痛に効くのは【ブルーラベンダーベージュの3色の組み合わせ】が効果的です。
  • 胃腸不調や肌トラブルに効くのは【オレンジ
  • 肩こりや無気力、新陳代謝に効くのは【

その中でも、体調不良に広く効くのは【】で神経や免疫システムの障害(ガン)の治療にも使われています。
イライラした気分が落ち着くという効果もあるようなのでストレスを溜め込んでいる人にはもってこいの色です。

 

おわりに

紫の色は身体の体温を調節する機能もありますので、身体のバランスが崩れている時は紫を身に付けてみると良いです。
体調不良を感じる時は、これらの色の力を信じ、積極的に部屋着や寝具など身近に触れる場所に取り入れてみると良いですね。

写真提供:YannGar Photo in Lausanne

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る