もう耐えられないときに…彼と円滑に別れるための7つの方法(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう耐えられないときに…彼と円滑に別れるための7つの方法(前編)

次の恋愛にまで引きずらないために

大好きだった彼に別れを告げないといけないときや、彼から突然別れを告げられたとき、辛い気持ちや悲しい気持ちなどいろいろな感情でぐちゃぐちゃになってもう立ち直れないかも知れないと思うときがあると思います。
もう関係が冷え切っていたとしても、片方が別れを告げてもきっと大丈夫だと思っていても、別れを切り出すときは感情的になったりしてすんなり行くことは少ないでしょう。
彼とあなたお互いにネガティブな感情を次の恋愛にまで引きずらないためにも、彼と円滑に別れるための7つの方法を学んでいきましょう。

 

1.取り乱さない

これはむしろ自分が別れを告げられたときにしてしまいがちですが、別れたいと言われてもあまりにも取り乱しすぎないように注意しましょう。
もちろん彼との関係が終わってしまうのはすごく苦しいことです。
しかし、大好きだった彼に別れを告げられたからといって「大嫌い」「別に好きじゃなかった」「出会わなければ良かった」などと言っても関係が終わるという結果が変わるわけではありませんよね。
それに、それを言われた相手側の気持ちは別にどうでもいいとしても、そのとき素直になれなかったことで後悔して失恋の傷が癒えるのが遅くなったり、トラウマになってしまったりと、結局全て自分に返ってきてしまいます。
別れを突然告げられてもそこはぐっと堪えて冷静に話し合いをし、別れを受け入れるようにすると、あなたにとっても良い別れ方が出来ると思います。

 

2.あいまいにしない

あなたが関係を終えたいのなら、彼にはっきりそう告げましょう。
今まで続いてきたことが変わってしまうのは、誰にとっても恐いことです。
自分が辛くなったときのオプションを無意識に用意しておこうとする人もいるでしょう。
しかし、一度彼に別れを告げると決めたなら友達でいて欲しいと頼んだり、しばらく距離を置きたいと言ったり中途半端なことはしないようにしましょう。
まだあなたと復縁する可能性があると彼に期待させるのは彼に対してフェアじゃないですよね。
別れを告げる側のあなたとは違い、彼は心の準備をしておくことが出来ないので、別れを告げられたときの悲しさやショックは何倍もあるはずです。
本当に彼の気持ちを考えるのなら、ずるずる引きずるのではなくきっぱりと別れるようにしましょう。

 

3.少し距離を取る

彼と別れることを決めたなら、別れる前から少し距離を取っておくようにしましょう。
別れることを告げる何日か前から連絡を取るのをやめて会わないようにすると、あなた自身気持ちの整理をつけることができ、彼の方もなんとなく別れを予期して心の準備をすることが出来ます。
そっけなくしたりするのではなく、ただ忙しいから連絡が取れないと伝えることがポイントです。

 

4.話すことを考えておく

彼に別れたいということを伝えるときには何をどう言うかを簡単にでも考えておいた方が良いと思います。
言わなければいけないことをあらかじめ整理しておかないと上手く伝えられなかったり、彼が傷ついてしまうこともあります。
あなたの言葉で感情的になりケンカ別れしてしまうということはぜひとも避けたいと思うので、話す前には傷つけない方法で伝えるにはどうしたらいいかということをよく考えておくようにすると、スムーズに別れることが出来るかも知れません。

参考元:all women stalk

本格的な占いをしたい方にオススメの記事

【実際に試しました!】>>電話占いウィルの口コミ
安萄ミアの無料タロット占い【復縁占い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る