毎回同じことで彼とケンカしないために!ケンカの後した方が良い7つのこと(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎回同じことで彼とケンカしないために!ケンカの後した方が良い7つのこと(前編)

はじめに

お付き合いすることで幸せな気持ちでいられるし毎日が何倍も楽しくなる一方で、ケンカしたときのイライラや悲しさはとても辛いものがあります。
彼氏や旦那さんとよく口げんかをしてしまう女性は多いのではないかと思います。
お互い別の価値観を持つ人間なのですから、意見が合わずケンカしてしまうことは仕方のないことだと思います。
しかし、ケンカをした後どうやってその状況を対処するかということがその先の二人の関係を良好にするために大切なことだと思います。
お互いネガティブな感情を残したままケンカしたこと自体を忘れようとするのではなく、しっかりと自分の気持ちを解消してさらなるケンカも防ぐことが出来るといいですよね。
そこで今回はケンカの後にした方がいい7つのことについてお話していきたいと思います。

 

1.抱きしめる

口論しているときにはそんなこと考えられないかも知れませんが、お互いに落ち着いてきたら相手をぎゅっと抱きしめてあげると、お互いの気持ちを再確認でき口げんかも自然に収まるかもしれません。
確かに「どうしても許せない!」と口も聞きたくないくらい怒っていても、ぎゅっとされると怒っていた気持ちもどこかへ行ってしまって許したくなります。
ただ、それをしてもいい時かをきちんと見極めないと状況をさらに悪化させてしまうこともありますので気をつけてくださいね。

 

2.仲直りのセックス

ケンカした後そういう流れになってしまうことってありますよね。
ケンカしてお互いに貯まったストレスとかイライラとか、全部吐き出しちゃうくらい情熱的に行為に没頭してみましょう。
きっと終わった後にはケンカしていたときの気持ちもどこへやら、お互いの気持ちも再確認出来ているはずです。

 

3.ケンカした理由を覚えておく

ケンカした後の気持ちを解消するだけでなく、ケンカの原因を覚えておくことも大事なことです。
もし毎回同じようなことでケンカしているのだとしたら、この先何度でも同じ原因でケンカを繰り返して最終的に別れるという結果に結びついてしまう場合もあります。
大事なことは同じ間違いを繰り返さないことです。
今回のケンカの原因は何か、なぜ自分はそれに対してそこまで感情的になってしまったのか、なぜ彼は感情的になってしまったのか、など客観的に分析してみましょう。
原因が理解できると次の自分の行動や感情も自然と変わってくると思います。
また、彼のそのときの考えや気持ちを理解しようとすることで、次問題が起こったときにも彼の気持ちや主張を配慮しながら二人にとってベストな解決策を考えることも出来るでしょう。

参考元:all women stalk

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る