脂性肌にはりんごすりすりパックがおすすめよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脂性肌にはりんごすりすりパックがおすすめよ♪

夏は皮脂が溢れる季節

気温が上がってくると肌の皮脂も溢れ返っちゃいますよね。
リンゴは食べてももちろん「医者知らず」として効果は絶大なのですが、最近ハマっているのが“りんごパック”です。

リンゴにはフールーツ酸が含まれていますよね。
このフルーツ酸の効果によって脂性の肌質を改善する働きがあるのです。

フルーツ酸は肌の角質を取り除く効果があったり、ざらつきやごわつきを取り除いてくれる効果もあります。
くすみも取れて肌の透明感を引き出すには最適な成分となっています。
ピーリング化粧品の中にもフルーツ酸が入っていますが、酸の中でもマイルドで肌に刺激が少ないので安心ですね。

一番嬉しい効果はターンオーバーが正常になることです。
ストレスや睡眠時間の乱れなどで肌のターンオーバーのリズムが崩れている女性は多いのです。
自分では正常だと思っていても、年々肌がくすんでくるとか、透明感が無くなっていく、ニキビや吹き出物も増える、という事が増えてきているなら肌のターンオーバーは崩れてきていると思って間違いありません。

 

リンゴ+αがさらに良い♪

リンゴをすりすりして肌に乗せるだけでも十分肌に効果があるのですが、更に夏の肌は紫外線によってダメージを受けていますから、リンゴの他にも更に材料を組み合わせることで、その時の肌の状態に合わせて、より最適なパックが手作りできます。

 

リンゴ+ヨーグルトパック

リンゴを皮ごとすりおろして、ヨーグルトをお好みで加えてみて下さいね。
ヨーグルトには沢山の美容効果が含まれていて、パックとしては本当に優秀な材料なんです。
10分~20分程度パックしてみて下さい。

  • ビタミンAの効果による、肌のハリやツヤを保つ効果や新陳代謝を促す作用も
  • ビタミンBの効果による肌の老化を防ぐ効果、コラーゲンの生成を助ける効果、シミの元メラニンを抑制する効果
  • フルーツ酸の効果が肌の角質除去とシミを薄くする漂泊効果

フルーツ酸はリンゴにも含まれているのでこの二つを掛け合わせる事により、角質調整と肌のシミ対策にはさらに効果が期待出来るという訳ですね。

 

リンゴ+小麦粉パック

リンゴを皮ごとすりおろして小麦粉を適量入れてこねます。
肌に乗せても垂れない位の硬さになったら5分~10分顔に乗せて待ちます。

リンゴの角質除去効果と小麦粉の毛穴の黒ずみを除去する効果が期待できます。
ちなみに小麦粉に関して即効性はないので3カ月位続ける必要があります。

  • ビタミンB1とB2がシミとシワを防止する効果で肌が綺麗になります
  • セラミドの合成を促進させるナイアシンがぷりっぷりの肌を作る

お湯で流すと固まる性質を持つので出来るだけ水で流すようにして下さいね。

 

リンゴ+はちみつパック

リンゴの角質除去効果とはちみつの優れた保湿効果で肌がつるつるピカピカになります。
パックする時間はお好みですが10分程度でも効果は溢れる事でしょう。

はちみつの抗菌効果によってニキビの改善にも効果が期待できますので、脂性で肌がぼろぼろの方には特に効果のあるパックかもしれませんね。

 

まとめ

食べても体に良いリンゴは肌に乗せても良いという事が分かりました。
特に肌の悩みが溢れる夏のスペシャルケアにリンゴを加えてみても良いのではないでしょうか。
もしかしたら高級化粧品を使わなくても、美肌になれるかもしれません♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る