つるつる赤ちゃん肌に!ニキビの原因と予防方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つるつる赤ちゃん肌に!ニキビの原因と予防方法

そろそろ本格的な寒さがやってきて、厳しい冬を感じますね・・・。
肌も乾燥してカサカサ、乾燥肌の方にとっては最悪な季節ですね。
今まで以上に保湿に力を注いでいるかと思います。

ですが、乾燥を気にして保湿重視にすればいい!というわけでもないようです。
大きな肌トラブルのひとつニキビは、乾燥していても起こるトラブルだからです!
乾燥しているのにニキビが出る???どうして?と思う方もいらっしゃるのでは!?
今回はニキビができるメカニズムと、予防方法についてお話ししたいと思います。

 

ニキビができるメカニズム

正常な肌は毛穴の出口が開いています。
しかし、男性ホルモンなどの影響で毛穴がふさがり皮脂がたまります。
そしてそれをエサにするアクネ菌が増えます。
これが、ニキビができるメカニズムです。

ニキビが出来る原因は人によってさまざまで、必ずしも皮脂が多いからニキビが出来るというわけではないようです。
睡眠不足や免疫力低下などもニキビの原因として挙げられます。
冒頭に、乾燥していてもニキビは出来る!と書きましたが、これらがニキビを引き起こしているのです。

 

ニキビの予防方法

1・洗顔は朝晩の2回だけ

ニキビを予防するために朝晩だけではなく、1日のうち何度も洗顔している方、いませんか?
洗顔してすぐは顔がスッキリとし、ニキビ予防に効果的!と思うかもしれません。
でも実は、洗顔をしすぎると顔に必要な油分水分を失ってしまいます。
また、油分水分が足りないと皮膚が乾燥を防ぐために皮脂を分泌し、さらに脂っぽい肌になってしまうのです。

また、朝は水洗顔のみで済ませてしまう人もいますが、寝てる間に分泌された皮脂や顔についてしまったホコリは水のみでは落とせないので洗顔料を使いましょう☆

 

2・しっかりと睡眠を取る

睡眠不足もニキビができる原因のひとつです。
免疫力低下を引き起こす恐れもあるので、夜は早めにしっかりと睡眠を取るよう心がけましょう♪

 

3・ノンコメドジェニック化粧品を使う

ニキビが出来たから隠すためにコンシーラー、ファンデーションを厚塗りではニキビは悪化する一方です!
アクネ菌のエサになりにくい油性成分だけで作られた「ノンコメドジェニック化粧品」を使いましょう!
ニキビを予防する化粧品を普段から使うとさらに良いかもしれません♪

つるつる赤ちゃん肌に!ニキビの原因と予防方法
NOV ACアクティブシリーズ

 

4・ピーリングをする

皮膚炎が生じている間は使えませんが、古くなった角質を取り除くのにピーリングは有効です。
週1~2回を目安に定期的に行いましょう。
ピーリング後は、保湿を丁寧にしましょうね!

つるつる赤ちゃん肌に!ニキビの原因と予防方法
エンリッチリフトゴールドピール

 

ニキビが出来てしまったら

ニキビが出来てしまったら、まず自分のニキビが今どの状況にあるか理解し、その段階にあわせたケアが必要です!

ニキビの初期状態である白ニキビは、ピーリングやニキビ肌用の化粧品を正しく使うと治りやすいのが特徴です。
白ニキビが悪化すると炎症が起こり赤ニキビになります。
赤ニキビになってしまったら、できるだけ刺激を与えないように気をつけ抗炎症成分や殺菌成分が配合された化粧品を使いましょう!

自分のケアに自信がない方や、早く治したい方は皮膚科へ行きましょう♪
私もニキビができてすぐに皮膚科へ行けばよかったと思っています。
ニキビが長引くと、跡になってしまいますからね・・・。

 

おわりに

いかがでしたか?
ニキビは一度出来たら治りにくい上に、再発がとても多い肌トラブルです。
私もとても悩まされ、今でも残ったニキビ跡に、当時の知識の無さを後悔しています。
ニキビが気になる方はぜひ実践してみてください。

ニキビケアランキング1位 ルナメアAC

おすすめのニキビケアは「ルナメアAC」

毛穴の特性に着目!油溶性のニキビ予防成分配合ニキビケア

保湿★★★ 優しさ★★★ コスパ★★★

ルナメアAC
1,000円+税 
(1週間分)
送料無料
4点セット:洗顔料/化粧水/化粧水(2回分)/ジェルクリーム
おまけ:泡立てネット
ルナメアAC口コミ記事

Photo by theodore moniodis

 
オススメ記事➡大人ニキビは保湿効果の高い化粧水で治す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:石田 悠菜

著者の記事一覧

1997年生まれ。日本化粧品検定1級保有、コスメコンシェルジュ。
化粧品やメイクが大好きです。
トレンドだけに左右されず、皆様の参考になる記事を書けるよう頑張ります。
よろしくお願いします☆







関連記事











ページ上部へ戻る