夏の冷え気付いていないだけ?夏だからこそ体をしっかり温める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の冷え気付いていないだけ?夏だからこそ体をしっかり温める!

夏の体は冷えている!?

連日の猛暑で、冷たいモノばかり食べているという方、結構多いのではありませんか。
クーラーの効いた部屋でキリッと冷えたビールを飲む…至福のひと時ですが、「冷えは万病のもと」という言葉のある通り、体を冷やし過ぎると、体力を消耗させ、疲れやだるさなど、夏バテの症状を引き起こしてしまいます。
さらに進行すると、月経痛がひどくなったり頭痛がしたり…。
暑い夏は気温の上昇によって体温が上がり、汗をかくことで体温を下げようとします。
体が冷えた状態で、長い時間冷房の効いた部屋にいると、さらに冷えが進行してしまいます。
「夏でも足が冷える」「体がだるい」「食欲がない」など、夏バテの症状がみられる方は特に要注意。思った以上に体の冷えが進行しているサインかもしれません。
では、体を温めるにはどうしたらいいのでしょう。

 

体を温めてくれる食材を摂る

一般的に、夏が旬の野菜は体を冷やし、冬が旬の野菜は体を温めると言われています。
夏はこれらの食材を上手に摂ることで、体の冷えを防ぐことができます。

体を温めてくれる食材

しょうが、にんにく、ねぎ、かぼちゃ、にんじん、ごぼう、かぶ、れんこん、白菜 …など。

体を冷やす食材

トマト、かいわれ大根、レタス、きゅうり、ゴーヤ …など。

 

夏でもカイロ?

暑い夏は、冷たい飲み物やアイスクリームなどをついつい摂取してしまいがちです。
体に手を当ててみると、冷たい飲みのものせいで、案外お腹が冷えていることも。
夏は気温が高い分、そうした体の冷えに気付きにくいのですが、やはりしっかり体を温めることが、夏バテ解消にも効果的です。
著者のお勧めは、冬に大活躍のカイロ。
夜寝る前に腰やお腹を少し温めるだけで、冷えた体が温められることで血行が良くなり、快適な睡眠も得られます。
最初は暑いと感じてしまうかもしれませんが、慣れてくると案外気持ちのよいものです。
それと、夏でも入浴をシャワーですませるのではなく、湯船にしっかり浸かることも、体を温めてくれます。

最近では、体の冷えを訴える女性のため、コンビニでも常温のドリンクが人気なのだとか。
今年の夏はしっかり体を温めて、不調知らずの体作りに励んでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事



ページ上部へ戻る