寒い季節にひとり鍋♪ダイエット・美容効果の高いおすすめお鍋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寒い季節にひとり鍋♪ダイエット・美容効果の高いおすすめお鍋

ひとり鍋には嬉しい効果がたくさん♪

寒い季節に食べたいものに「鍋料理」を挙げる方は多いのではないでしょうか。
とにかく温まるお料理の代名詞ですよね!
体を温めるだけでなく、不足しがちなお野菜をたくさん食べることができるのも嬉しいポイントの一つです。

歯ごたえのある野菜は、噛む回数も自然と増えるので、しっかりと満腹感を得ることができ、普段よりも食事の量を抑えることが出来ます。
ダイエットにピッタリですね。
また、お鍋は、食物繊維が豊富な野菜から食べ始め、最後のシメで炭水化物をちょこっと摂るのが一般的。
この食べる順番も、ダイエットにはとても効果的なんです。

ただ、鍋料理というと大勢でお鍋を囲んでつっつき合うイメージがあるので一人暮らしの方や、ちょっとしたお昼ご飯に…という時にはなかなか腰が上がらないかもしれませんね。
しかし!お鍋は具材の使いまわしも楽ですし、同じ具材でも味付けを変えれば飽きることなく食べることができます。
つまり節約もできて、一人暮らしの人に嬉しい料理なんです!

そこで、一人でも楽しめる便利な商品や、女性に嬉しいレシピなどタメになりそうな情報をいくつかご紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

 

まずは一人用お鍋の準備から…

寒い季節に♪一人鍋を楽しむコツ5選
大樹(たいき)黒十草一人鍋セット

やっぱりお鍋といえば、土鍋!ということで一人用の土鍋のご紹介です。
一人用にピッタリなこちら↑の6号の土鍋は楽天通販で売られているものですが、レンゲ台付きのレンゲがセットで3000円(送料込み)です。
大変お得ですよね。
さらに嬉しいことに土鍋もレンゲも安心の国内産です。

ちなみにお鍋の他に、うどんやおかゆ、おじやや、炊き込みご飯なんかも作れます。
著者も一人用の土鍋を持っているのですが、お豆腐を甘辛味で煮て卵でとじるお料理をその土鍋で作っておいて、土鍋のまま食卓に出すと、熱々で、しかもとても豪華に見える一品が完成するのでよく利用していますよ。
まずは一つ持っていて損はないと思います♪
この商品以外でも、カワイイお花柄であったり、安くて丈夫な一人用お鍋はたくさん売られていますので、色々見て回ると楽しいと思いますよ!

 

お鍋を作るなら美容・ダイエットに効果的なお鍋を…♪

お鍋は美容・ダイエットに効果が高いことは有名。
鍋ダイエットとも呼ばれているように、体型維持や美肌のためにお鍋をよく作っているグラビアアイドルやモデルさんも多いみたいですね。
一人鍋なら、自分の好きな具を好きなだけ入れて作れますから、【美】に効果的な美味しいお鍋を作りましょう♪
ダイエット効果、美容効果の高いおすすめお鍋をご紹介しますね。

 

「キレイ」をつくるおすすめのお鍋

①キムチ鍋

キムチ鍋は唐辛子の効果により、脂肪燃焼が期待できます。
体もポカポカ温まるので、冬のダイエットにぴったりです。
白菜などローカロリーでボリュームの出る葉物との相性も抜群なので、野菜をたくさん食べることが出来ます。
よく噛むことで満腹感も得られますから、思っていたより少ない量でお腹いっぱいになりますよ♪

おすすめレシピ↓↓↓
寒い季節に♪一人鍋を楽しむコツ5選
簡単!おいしい♡一人鍋♪キムチ鍋編★彡
[クックパッド] by harapecoci さん
こちらのレシピは味噌もキムチの素も使わず最低限の材料に御自宅にある調味料で簡単に美味しいキムチ鍋が作れてしまいます。
ダイエット中の方はお肉を減らして野菜を増やし、ミネラルたっぷりの牡蠣を入れるなど…アレンジをきかせて楽しんでみてくださいね。

 

②豆乳鍋

豆乳は美肌に欠かせない、たんぱく質やビタミンなどの栄養がたっぷり含まれています。
女性ホルモンと同じ働きをしてくれるイソフラボンや、女性が不足しがちな鉄分も豊富ですから、生理不順や生理痛、貧血などの悩み改善も期待できます♪

さらに、大豆に含まれているサポニンには脂肪の蓄積を抑えてくれるので、ダイエット効果もあるんです!
脂肪・カロリーも控えめですから、薄味で作ればスープまで美味しくいただけます。
でも脂が多いお肉などを入れた時は、スープもカロリーが高くなってしまうので注意してくださいね。

 

お鍋で太らないためのポイント

美味しく沢山食べてキレイに痩せられるなんて最高!

そんな風に思ってお鍋を食べていたのに、逆に体重増えちゃったんですけど…。
こんな失敗をする人、結構多いんです。

確かにお鍋は栄養たっぷりですし、沢山食べてもヘルシーなんですが、入れる具材によっては高カロリーな食事となってしまうので注意が必要です。

一見ヘルシーに見えて実は太りやすい具材

お鍋の定番であるお肉ですが、牛肉や豚のバラ肉などは脂分が多いので太りやすくなります。
また一見ヘルシーに見える、肉団子も意外と高カロリーなので注意してください。

お肉を入れたい時は、モモ肉やロース肉など脂が少ないものがおすすめです。
鶏肉は皮のカロリーが高いので、皮は切り取ってお鍋には入れないようにすると良いですよ。

あとお鍋の具として人気の高い春雨!
こんにゃくのようでヘルシーに見えますが、実はデンプンです。
つまりは炭水化物ですから、太りやすい具材になるので入れ過ぎに注意してください。
春雨の代わりに糸こんにゃくを入れるとヘルシーですよ。

ヘルシー鍋に入れたいおすすめの具材はこちら。
↓↓↓

  • 白菜・キャベツ・ほうれん草などの葉物
  • きのこ類
  • 玉ねぎ
  • 糸こんにゃく(したらき)
  • あさり(貝類)
  • 豆腐
  • にんじん

これらのおすすめ具材は大きめにカットして入れると、噛み応え&満腹感がアップしてダイエットに効果的です。

 

シメの炭水化物摂り過ぎに注意!

お鍋の楽しみといえばシメ!
残ったスープにうどんを入れたり、ご飯を入れて雑炊を作ったりしますよね。
とっても美味しいですが…このシメの食べ過ぎが太る原因になります。

うどんやご飯は炭水化物ですから、食べ過ぎれば太りますよね。
さらに、残ったスープには具材のうま味と一緒に余分なカロリーもいっぱい!
脂の多いお肉を入れた場合、スープには脂が溶け出してかなり高カロリーになっています。

どうしてもシメで炭水化物を食べたい時は、少量にしましょう。
なるべくスープが高カロリーにならないように、具材をよく選んで作るようにしてください。

 

とにかく手軽に食べたい方は素を使って

お鍋ってどうやって作ればいいのかわからない…という人も多いと思います。
味付けに自信が無いなら、スーパーでお鍋の素を買ってくれば簡単に作れますよ。

ただ、市販のスープは味付けが塩分が多く味が濃いめだったりするので、鍋太りしないためにシメの食べ方に注意してくださいね。
もしお鍋を食べた翌日にむくみが酷いようなら、塩分の取り過ぎかもしれません。
ちょっとしょっぱい気がしたら水を足して調節しましょう。

寒い季節に♪一人鍋を楽しむコツ5選
エバラ プチっと鍋 塩鍋(一人分×6回分)
CMでもおなじみにエバラのプチっと鍋の素。
こちらは昆布だしをベースに、アサリ、ホタテ、カキの旨味をしっかりと効かせたコク深い味わいに仕上がりの塩鍋です。お好きな具材を用意するだけでOKです♪

他にもキムチ鍋や鶏白湯鍋やとんこつしょうゆ鍋などのお味があります。
ホームページにはアレンジレシピものっているので非常に参考になりますよ。

ちなみに1プチッと1人前のポーションタイプなので、1人前の「1人鍋」から、6人前の「団らん鍋」まで、食べたい分量の鍋が手軽に作れるのも嬉しいポイントです。

 

一人鍋を習慣にしたい本格派の方へおすすめの一冊

寒い季節に♪一人鍋を楽しむコツ5選
ごちそうひとり鍋 食材使いまわし!野菜たっぷり!毎日違う味!

こちらは村上祥子さんの著書で、1週間分の食材を買ったら、それを使いまわして食べきる鍋を全30レシピ紹介しています。
野菜たっぷりで栄養バランスも計算されているので、ヘルシーでダイエットにもぴったりです。
実はお鍋は時短料理でもあるので毎日忙しい方こそぜひ習慣にしてみてはいかがですか??

 

外食でも一人鍋に挑戦してみたい方には…

寒い季節に♪一人鍋を楽しむコツ5選
やよい軒 博多水炊き定食

家ではもちろん、ひとりでサクッとご飯を食べる時にもお鍋だったらとても温まりますよね。
こちらは有名チェーン店「やよい軒」のメニューの一つ、博多水炊き定食です。
博多『水炊き』の特徴である鶏の旨みあふれる白湯スープを使用した水炊きで、鶏肉や鶏だんご、白菜などの野菜をあっさりとポン酢で食べます。
なんとお値段は890円。
他にも坦々胡麻鍋定食やすき焼き定食、チゲ定食などもあるそうです。

▼やよい軒ホームページ
http://www.yayoiken.com/

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
何か参考になりましたでしょうか。
お鍋を手軽に楽しむアイデアをいくつかご紹介しましたので、今年はマイお鍋を買って楽しんでみるのはいかがですか?
年末年始の食べ過ぎでちょっと胃を休めたいな~という時にもたっぷりお野菜で体を温めれば増えてしまった体重も元通りになるかもしれませんヽ(*´∀`)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。

関連記事


ページ上部へ戻る