思春期ニキビと大人ニキビの原因と対策方法の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
思春期ニキビと大人ニキビの原因と対策方法の違い

こんにちは。
風邪やインフルエンザがはやり始めていますね。
みなさんも、お体に気をつけてください。

さて、何度も「ニキビ」について書かせていただいていますが、ニキビには大きく分けて二つの種類があります。
それは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の二つです。
これらの二つでは、原因もニキビができやすい部位もケア方法も大幅に違ってきます。
きちんとケアをしているのにニキビが治らない・・・という方、もしかしたら真逆のケアをしているかもしれません・・・。

今回は、思春期ニキビと大人ニキビの違いを詳しく見て見ましょう。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビの特徴はその名のとおり、10代や20歳前後に出来やすいということです。
原因は、成長ホルモンなどの急激な増加によって皮脂分泌が過剰になり、その皮脂をエサとするアクネ菌が増えることだといわれています。

また、食生活のバランスが悪かったり、運動後汗をかいたまま放置するなどといったことでもニキビは増えていくので、部活などを行っている学生さんは特に注意する必要がありますね。

思春期ニキビは皮脂分泌の多いTゾーンに出来やすいです。
また、広範囲に及ぶことが多いです。

ホルモンバランスが整う20代になると自然と思春期ニキビは減っていく傾向にありますが思春期ニキビの痕はデコボコとしたクレーターになり、残りやすいので早めにケアをしましょう。

ケア方法としては、皮脂を完全に洗い流すと肌が危険と察知して、過剰に皮脂を分泌してしまうので洗顔料を使った洗顔は朝晩2回のみにする、皮脂が多いところは乳液の量を少なめにするなど皮脂の量と水分の量をバランスよく保つことが大切です。

10代のころは自分自身で食事管理をすることが難しいので、両親や周りの理解を得て、協力してもらいながらニキビを改善しましょう。

両親への理解の大切さはこちら。
>>当たり前じゃない!ニキビは病気って本当?

 

大人ニキビ

大人ニキビは、20代以降にできやすいニキビです。

原因は主に肌の乾燥やストレス、ターンオーバーのリズムが崩れ、角質が毛穴をふさぐことだと言われています
大人ニキビの原因は、ひとつに絞りきれないということが多いのです。

上に挙げた以外にも、遺伝によるものや、喫煙飲酒によるもの、整理周期によるものなど・・・。
そのため、ニキビ予防をするということが難しいので、その分出来てしまったニキビはすぐに治しましょう!

ストレスによる大人ニキビの場合、環境が変わったことによるストレスや、対人関係でのストレスなど細かい原因はさまざまですが、まずはストレスを少なくすることが大切です。

大人ニキビは、フェイスラインから頬にかけてのUゾーンにできやすいです。
首筋にニキビできるという方もいるそうです!

常にクーラーの効いた環境にいるなど、乾燥が原因でできる大人ニキビの場合は再発させないためにも乾燥対策をしましょう。
スキンケアの基本は「洗顔」です。
手で触って少し冷たいと感じるくらいの温度がぬるま湯です。
洗顔料をよく泡立て、ぬるま湯でやさしく手が触れるか触れないかで洗っていきましょう。
絶対に肌に摩擦が起きないように注意して洗うようにしましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
今回は、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いや出来やすい部位、簡単なケア方法などについてご紹介しました。

ニキビは脂っぽい場所にできる、と決まっているものではありません。
乾燥によってニキビができる場合もあります!!

ニキビの種類が違うと、当然ケア方法も変わってきますので、自分のニキビはどちらに分類されるのか、ということをふまえて対策をしていきましょう!

また、自分ではよく判断ができないという場合は皮膚科に行って担当のお医者様に相談してみてくださいね☆

Photo by Lara Cores

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:石田 悠菜

著者の記事一覧

1997年生まれ。日本化粧品検定1級保有、コスメコンシェルジュ。
化粧品やメイクが大好きです。
トレンドだけに左右されず、皆様の参考になる記事を書けるよう頑張ります。
よろしくお願いします☆







関連記事











ページ上部へ戻る