冷えはダイエットの大敵!知らないと損する体を冷やす食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豆腐

前回は冷えはダイエットの大敵!知って得する体を温める食べ物をご紹介しました。
日ごろ体に良いと思って食べているものが実は体を冷やす食べ物があります。
ダイエット中の女性は「少しでも痩せたい!」「500gでも痩せたい!」という気持ちが強いはずです。
しかし、体を冷やす食べ物を率先して食べていても一向に痩せることは出来ません。
いくら低カロリーとはいえ、体を冷やす食べ物を出来るだけ避けて、体を温める食べ物を食べるようにしましょう!
今回は体を冷やす食べ物をいくつか紹介します。あなたの毎日の食生活と照らし合わせてみてくださいね。

野菜

ダイエット中は野菜をたくさん摂っているという人たくさんいますよね?
しかし、きゅうりやトマト、レタスは体を冷やす効果を持っています。夏といえば冷やしトマトで涼しく!なんて言うように夏野菜には体を冷やす作用があると言われているのです。栄養満点で体を整えてくれるメリットもあるので一概に悪いとは言えませんが、食べ過ぎには注意が必要です。野菜を摂る場合はなるべく温野菜にすると良いでしょう。

コーヒー

ブラックコーヒーなら太らないからとジュースをコーヒーにしている人居ませんか?実はコーヒーも体を冷やす作用を持っていると言われています。

豆腐

これもダイエット中によく食べられるもののひとつではないでしょうか。カロリーが低く栄養満点。しかしこの豆腐、かなり体を冷やす作用を持っているので注意が必要です。
生野菜と同様に、昔から夏には冷奴が食べられていることも理にかなっているのですね。お豆腐を食べるときは体を温める作用を持ったものを一緒に食べると良いでしょう。例えばネギや鰹節を薬味にしたり、お醤油も体を温める効果があります。

海藻類

これもダイエット中の強い味方だと思われている食品です。ワカメは造血や血液をサラサラにしてくれる効果を持っており、またカルシウムも豊富です。
ですから食べ過ぎにだけ注意し、食べるときはサラダなど冷たいものではなく、お味噌汁など暖かいものとして摂取するのが良いでしょう。

おわりに

どうでしょうか。普段ダイエットにとても良いと思っていた食物に、実は体を冷やす作用をがあったりするのです。
決して食べてはいけないわけではありません。ダイエット中の方は食べ過ぎや調理方法を考えて、摂取すると良いですよ。

※この記事は東洋医学の考え方に基づいて書いたものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!







関連記事











ページ上部へ戻る