紫外線を浴びてしまったら?諦めずにうるおいを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線を浴びてしまったら?諦めずにうるおいを!

夏のレジャーにはご用心

日傘を差し、帽子をかぶり、日焼け止めを塗り…。
あの手この手で日々の紫外線ケアに取り組んでいても、気がつけば肌が焼けて黒くなってしまっていた…という悲しい経験ありますよね。
出かける時は薄曇りだったのに、午後から晴れて日差しが強くなったり、せっかく塗った日焼け止めが、知らぬ間に汗で流れ落ちてしまったり…。

でも諦めないで。
できてしまった日焼けの跡は、その後のケアで軽減させることが可能です。
夏は、日焼けを防ぐことだけでなく、その後のケアも大切です。

では、どのような対策をすればよいでしょう。

まず、日焼けをしてしまったら、「保湿」が何よりも重要。
冷たいタオルで日焼けした部分の炎症を抑えたあとは、たっぷりの化粧水で十分な保湿を心掛けてください。
特に、ビタミンCが配合された美白成分の入った化粧水には、メラニンの生成を抑える作用があるため、より高い効果を得られます。
手で触るとややヒリヒリする場合は、コットンに化粧水をたっぷり含ませて、日に焼けた部分に貼りパックしておくのもいいでしょう。
化粧水の成分が肌に浸透するまでしばらくそのままにしておくだけで、日焼けによる炎症を和らげ、肌の乾燥を防いでくれます。

でも、顔用の高級な化粧水を足や首、腕などにパッティングするのは…という方には、日焼け対策用に、価格の安い化粧水を用意しておこくとをお勧めします。
日焼け後の肌には、兎にも角にも保湿が重要ですから、化粧水を惜しみなく使うことがとっても大切。
少しとろみのあるタイプの化粧水を選んでおけば、肌への浸透もより高まります。
今年は猛暑が予想されています。
体用の化粧水を1本、夏の日焼け対策として手元に置いておくことをお勧めします。

顔が日焼けした場合は、顔用のマスクシートもお勧めです。
顔全体をむらなく保湿してくれるだけでなく、冷却効果もあるため、日焼けの後のほてった肌には、想像以上に爽快です!
冷蔵庫に忍ばせておくと、ひんやりして気持ちいいですよ。

 

日焼け後の肌には、フルーツがぴったり

日焼け後の肌に怖いのがシミやソバカス。
シミやソバカスを作り出す原因が、メラニンです。
メラニンの生成を防ぐには、保湿に加え、ビタミンの摂取がとっても有効的。
気軽にビタミンを取るには、特に、グレープフルーツやオレンジ、レモンなどの柑橘類がお勧めです。
ビタミンが多く含まれており、何と言っても気軽にとれて、価格も手頃。
フルーツでの摂取が難しい場合や皮むきなどの処理が面倒な場合は、フルーツジュースで補ってもOK。
フルーツジュースなら、毎日無理なく飲めますよね。

「日焼けしない」ことも重要ですが、浴びてしまった後のケアも忘れてはならないポイント。
日焼けしてしまったからといって諦めずに、日々のちょっとしたケアで、シミやソバカスのない、透き通った肌を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る