湿気によるトラブルから髪を守る!ドライヤーのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
湿気によるトラブルから髪を守る!ドライヤーのポイント

夏は要注意!髪のうねりは水分が原因?

ようやく梅雨が明けたと思ったのも束の間、突然のゲリラ豪雨による雨…。
ホント嫌になってしまいますよね。
そんな突然の雨の影響で、部屋の中もじめじめ。
湿度がぐんぐん上昇するにつれ、不思議と髪の毛もまとまらないって方、いらっしゃいませんか? 
夏は、雨だけでなく、頭皮の汗による蒸れも加わり、サラサラで美しい髪をキープするのがとっても難しい季節です。
髪質だからしょうがないといって、諦めていませんか?

髪が広がる原因は、髪の毛内部の水素結合が影響しています。
通常の髪の毛は水素が結合しているので、まっすぐとした状態を維持できるのですが、雨や汗などの水分を吸収するとこの結合が切れ、髪は不規則に曲がってしまうのです。
一度うねってしまった髪を、ストレートに戻すのは、至難の技。
髪をうねりから守るには、髪に余分な水分を含ませないことが重要なのです。

 

基本はしっかり乾かすこと

洗髪後に髪を半乾きのままにしていると、髪が広がってしまったという経験ありませんか?
これは髪に余分な水分が入り込んでしまったから。
髪に余分な水分を含ませないためには、しっかり乾かすことが重要です。
まずは、ドライヤーで髪の根元から毛先までをしっかり乾かしてください。
そうすることで、水素が結合し、まっすぐできれいな髪をキープできるはずです。
自然乾燥派の方には少々面倒ですが、毎日ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かすことで、まるで美容院に行った後のように、髪の毛1本1本にコシが生まれ、さらさらの髪へと変化しますよ。

 

根元→毛先の順で

髪を乾かす際は、まず根元から乾かすのが基本。
髪の根元をドライヤーでしっかり乾かすことで、根元のうねりを解消できますよ。

全体の髪の毛の半分程度が乾いたら、「洗い流さないトリートメント」や椿油などのオイルを少量手に取り、髪の先端に揉み込むようになじませてください。
そうすることで、髪の表面を保護し、ドライヤーの熱によるダメージを緩和することができます。

トリートメントやオイルを髪の毛になじませた後は、次に毛先をしっかり乾かします。
その際、ブラシで髪の毛を伸ばしながらドライヤーを当てると、より一層、ツヤのある髪の毛に仕上がります。

暑い時期は、ドライヤーで乾かすのも億劫になってしまいがちですが、しっかり乾かした後に髪をなでてみると、サラサラとした感触を実感。
この感触を体験すると、ちょっとくせになってしまいます。(笑)

 

ドライヤーは温風?それとも冷風?

ドライヤーで髪の毛を乾かす際は、温風と冷風を交互に使用することで、髪の広がりをおさえることができるってご存じでした?
温風乾燥で温められた髪の毛は、冷めるにつれ水分を再び取り込む性質があります。
この際、うねりが生じ、まとまりの悪い髪になってしまうのです。
そのため、まずは根元をしっかりと温風で乾燥させた後、髪の毛先を冷風に当ててください。
冷風のほうが髪を乾かすのに時間はかかりますが、温風による髪のダメージを防ぐこともでき、ツヤがあってまとまりのある髪に仕上げることができます。

毎日のお手入れにちょっとしたコツを取り入れるだけで、いつもの髪に少し変化が生まれます。
髪質のせいだと諦めるのはまだ早い。
夏の日差しにも負けない、輝きのあるツヤ髪を手に入れましょう。

オススメ記事 >> 髪質改善お悩み別おすすめシャンプーランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。







関連記事











ページ上部へ戻る