切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法

簡単で美味しくて節約もできる煮込み料理

皆さんは、普段お料理はされていますでしょうか。
忙しいとなかなか時間がとれなくてついコンビニなどのご飯で済ましてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。
でもやっぱり栄養バランスやカロリーなどが気になるところですよね。
そこで今回はそんな方々におすすめの<煮込み料理>についてご紹介していきたいと思います。

煮込み料理のメリット

まず簡単に煮込み料理のメリットを挙げてみると…

  1. 切って煮込むだけだから時短になる
  2. 面倒な手順がないから失敗しない
  3. 作り置きできる
  4. アレンジすれば飽きずに数日楽しめて節約にもなる!
  5. 野菜がたくさん摂れる

などが考えられます。
とても魅力的ですよね。

ではここからは代表的な煮込み料理である、カレーやシチューの保存方法と寒い今の時期に嬉しい簡単スープレシピをいくつかご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

カレーやシチューの保存方法

  • あら熱をとった後は、すぐに冷蔵庫または冷凍庫で保存しましょう。
    素早くあら熱をとるために、底の浅い容器に小分けにするのがおすすめです。
  • 容器にラップをしくと、カレーの色やにおい移りが予防できます。
    また、フリーザーバックを使っても便利です。
  • 冷凍庫で保存すると、具のじゃがいもやにんじんの食感が低下してしまうので気になる場合は、先に取り除くか、潰しましょう。
  • お鍋のまま常温で長時間保存すると、細菌が増殖し健康に影響を与えることがあるので注意が必要です。
    常温で置いていた場合は朝や晩などにしっかりと中まで火が通るように加熱してください。
    その時にかき混ぜて全体に火が行き届くようにしましょう。
    食べる前にもしっかりと全体を加熱して食べてください。
    出典:http://house-hint.jp/content12.html

 

おすすめ♪簡単スープレシピ

①野菜不足の時はこちら「ミネストローネ」

切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法
出典:http://www.lecreuset.jp/community/
(ル・クルーゼレシピサイト)

こちらは1食でたくさんの野菜を摂ることができるので、一回作っておくと大変便利です。
マカロニも入っているのでほどよくボリュームもあります。
遅く帰ってきた夜や食べ過ぎが続いている時の調整食してもおすすめです。

材料(4人分)

  • ブロックベーコン 150g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1/2本
  • じゃがいも 1個
  • キャベツ 2枚
  • ピーマン 1個
  • トマト(水煮) 100g
  • マカロニ 30g
  • バター 10g
  • 水 800ml
  • チキンコンソメ(顆粒) 小さじ2
  • 塩 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • パセリ 適宜

作り方

  1. マカロニは塩を加えたたっぷりの熱湯(分量外)で表示に従って固めに茹で、ブロックベーコンは1cm角に切り、熱湯(分量外)でサッと茹でておく。
  2. 玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ピーマン、トマトは1cm角、キャベツは1.5cm角に切る。
  3. 鍋にバターを入れ、玉ねぎを中火で炒める。
    さらにベーコン、にんじん、じゃがいも、キャベツを加えて軽く炒め、水とチキンコンソメを加え弱火におとす。
    アクを取りながら野菜がやわらかくなるまで煮込む。
  4. ピーマン、トマト、マカロニを加えて、マカロニに火が通るまで煮込む。
  5. 塩、ブラックペッパーで味をととのえて、みじん切りにしたパセリをちらす。

 

②お疲れ気味の胃腸にはこちら!「キャベツまるごとスープ」

切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法
出典:http://www.lecreuset.jp/community/
   (ル・クルーゼレシピサイト)

こちらは具材を入れてフタをし、火にかけるだけの超簡単レシピです。
じっくり煮込んだキャベツにベーコンの旨味が染みこんだ、パーティーにも喜ばれる見た目も豪快な一品です。
一人暮らしの方などはこのレシピの半分で作ってみるのがちょうどいいかもしれませんね。
キャベツには胃腸薬でおなじみの「キャベジン」という別名をもつビタミンUが含まれています。
ビタミンUは胃粘膜の働きを整える作用があるので、胃もたれ、胃痛などを感じた時は積極的に摂りたい食材です。

材料(4〜6人分)

  • キャベツ 1個
  • ベーコン 100g
  • 玉ねぎ 1と1/2個
  • 荒挽きポークウィンナー 12本
  • 水 1000ml
  • 白ワイン 100ml
  • 固形コンソメ 3個
  • ローリエ 2枚
  • 黒粒こしょう 小さじ1
  • 塩 少々

作り方

  1. キャベツは芯を取り、上面に十字に切り込みを入れ、6cmに切ったベーコンを切り目や葉の間に入れ、鍋に入れる。
  2. キャベツの周りに16等分のくし形切りにした玉ねぎ、荒挽きポークウィンナーを入れる。
  3. 水、白ワイン、固形コンソメ、ローリエ、黒粒こしょうを加え、フタをし、中火で煮る。沸騰したら弱火にし、60分煮て、塩で味をととのえる。
    ※一日目はそのまま頂いて、それ以降は溶けるチーズを入れたり、カレー粉を入れたりアレンジしてみるのはいかかでしょうか。

 

煮込み料理を楽しむためのおすすめアイテム♪

ちなみにレシピ写真のお鍋はどちらもルクルーゼのものです。
最近ではこんなにおしゃれなお鍋もあるんですよ!
なんだかお料理上手な雰囲気も醸し出せて一石二鳥かもしれません(^-^)

切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法
Le Creuset ココットロンド

煮込み料理が楽しくなってきたらこちらの本がおすすめです。
ご飯によく合う、オシャレな煮込み料理レシピが沢山載っています♪

切って煮込むだけ!一人暮らしにおすすめ煮込み料理の作り置きと保存方法
煮込み料理をご飯にかけて 作りおきして安心。ひと皿で大満足。
坂田 阿希子 (著)

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
何か参考になりましたでしょうか。

著者はお休みの日にのんびりお鍋でコトコト食材を煮込む時間が大好きです。
週末作っておけば平日の食卓が充実するのでみなさんもぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る