皮脂が少ないのに何故?フェイスライン・あごニキビの原因と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皮脂が少ないのに何故?フェイスライン・あごニキビの原因と治し方

ニキビができるのは中学生や高校生だけだと思っていたのに、私の顔にはいまだにニキビができるなんてことありませんか?
しかも、できるのは決まってフェイスラインやアゴ。。。
それ、ニキビはニキビでもいわゆる「大人ニキビ」と言われているものかもしれません。

若い頃のニキビと大人ニキビは同じ「ニキビ」でもケアの方法が変わってきます。
私の肌はアブラっぽくないのにどうして?と思っているあなた、それは乾燥からくる大人ニキビかもしれません。

 

ニキビの原因はずばり「毛穴の詰まり」にあり

フェイスラインやアゴに繰り返しできるニキビは皮脂の分泌が盛んなためではありません。
むしろ、顔の他のパーツよりも毛穴が少ないのでどちらかといえば皮脂の分泌は控えめの方です。

とは言っても、毛穴がある限り毛穴が詰まればニキビはできます。
ニキビの原因は若い頃にできる「思春期ニキビ」と大人になってからも繰り返しできる「大人ニキビ」、両方とも毛穴の詰まりが原因です。

 

皮脂が多くなくてもできるニキビは大人ニキビ

若い頃は皮脂の分泌がホルモンの影響により多くなるために毛穴が詰まりやすくなります。
しかし、それも一時のものです。
高校生を過ぎても相変わらずできているニキビ特にフェイスラインやアゴにできるニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因ではありません。
それは毛穴が古い角質に埋もれてしまうために皮脂がスムーズに分泌されなくなり毛穴が詰まってしまうからです。

 

大人ニキビの原因がターンオーバーの乱れにあり

皮膚は通常28日サイクルで細胞が生まれ変わります。
この細胞の生まれ変わりのサイクルを「ターンオーバー」と言います。

このターンオーバーは生活習慣やストレス、スキンケアなどが原因でスムーズに行われない場合があります。
そうすると、ターンオーバーは遅くなり、本来なら自然と剥がれ落ちるはずの不要になった古い細胞が溜まってしまいます。

大人ニキビができてしまう「毛穴の詰まり」は、古い細胞が皮膚表面で剥がれ落ちてくれず厚みを増し「古い角質が毛穴を塞いでいる状態」のことを意味しています。

 

ターンオーバーの乱れは大人ニキビだけじゃなく、肌コンディションそのものを低下させる

フェイスラインやアゴにできるニキビを治すにはこの細胞の生まれ変わりを正常なサイクルにしていかなければなりません。
また、ターンオーバーのサイクルが乱れ、周期が遅い場合、古い角質はいつまでも剥がれ落ちる事が出来ずに皮膚表面にどんどん厚みを増していきます。
そうすると、せっかくスキンケアをしても古い角質が邪魔をして肌の内部にまで浸透できなくなり、肌の内部が乾燥しますます肌のコンディションが低下してしまいます。

大人ニキビを治すことは、肌そのもののコンディションを良くすることにつながります。

 

フェイスラインやアゴにできた大人ニキビを治すには…

フェイスラインやアゴにできた大人ニキビを治すには、以下の項目を見直す必要があります。

 

1.生活習慣の見直し

(特に夜更かしをしない・ストレスを溜め込まない・食事の栄養バランス)
眠っている間に私たちの細胞は修復したり、再生します。
睡眠不足になるとそれがスムーズに行われなくなります。また決まった時間に睡眠をとり、決まった時間に起きるといったリズムも必要です。

ストレスは肌に敏感に現れる人とそうでない人がいます。
ストレスを感じるとホルモンの影響で突然ニキビができてしまいます。
ストレスに強くなる精神力を身に付けるか、ストレスを発散する方法を習得しておくと肌だけでなく、メンタル面においても効果的です。

食事の栄養バランスは肌にとってとても重要です。
油っぽいものばかりを口にしていると肌の皮脂分泌量も増加します。
ニキビができたときは油物や甘い物を控え、ビタミンやミネラル、ターンオーバーを促すタンパク質の摂取を特に意識してみてください。

 

2.毎日の丁寧な洗顔、たっぷりの保湿

(こすらない・優しく・弾力のある泡で洗顔を行い、保湿をしっかり行う)
ニキビができたときにもっともケアできる方法といえばスキンケアです。
中でも洗顔はニキビケアにとってとても重要な役割を果たします。

毛穴の詰まりを取り除くためにはゴシゴシ洗えばいいのかと思われがちですが、それはもっともやっていはいけない洗顔方法です。
ニキビができたときこそ、弾力のある泡をつくり、皮膚と手がこすらないように肌にのせましょう。
泡を転がして泡で洗うイメージです。

そして、「ぬるま湯」で洗い流すことがポイントです。
冷たくても熱くてもいけません。
ニキビ肌のときは36度を目安にしてぬるま湯で洗顔を行いましょう。
36度は夏だと少し温度を感じてもっと冷たい水で洗いたくなるような温度です。
そして冬は、もっと熱くしたくなるような物足りない水温です。

洗顔が終わったら、ふき取り化粧水を利用するのもニキビの治りを早くする方法の一つです。
古い角質や余分な皮脂を拭き取り、化粧水の浸透を高めてくれる働きをしてくれます。

ニキビができているところにはコットンパックをするのも効果的です。
その後は美容液で肌に栄養を与えましょう。
肌をこすらないように丁寧なスキンケアで確実に肌は変わることができます。

大人ニキビのスキンケアの場合、思春期ニキビのような皮脂を一生懸命取り除くケアは必要ありません。
もし大人ニキビのスキンケアアイテムで悩んでいるようなら、一般的なニキビケア(アクネ菌を殺菌する!と謳っているもの)よりも、自分の肌質にあう「大人ニキビ用」として売られているものか、ターンオーバーを正常なサイクルにするために「美白ケア」と称されているものを使ってみてください。

そして少なくとも2ヶ月は使って肌の状態をチェックしましょう。
肌の生まれ変わりは通常であれば28日ですが、大人ニキビで悩んでいる場合、ターンオーバーが遅くなっていることも考えられるため28日以上の使用をおすすめします。

 

3.ピーリングやクレイパックで古い角質を除去する

(週に1〜2回のケアで外側からのターンオーバーを促す)
化粧水の入り具合がイマイチのときや化粧ノリが悪い時はピーリングやパックをし肌の余計なものを取り除き、化粧水の浸透を高めることが大切です。

しかし、大人ニキビの場合肌が乾燥しているときにピーリングをすると余計に乾燥してしまう場合もあります。
肌に痛みを感じる状態であれば、ピーリングは控え、クレイパックで汚れを吸着するのもいいかもしれません。

 

4.体の内側から栄養を摂取し肌の生まれ変わりを促す

(ビタミン類の積極的な摂取が必要。サプリメントならマルチビタミン、ビタミンA、C、Eを積極的に摂取してみてください)
ニキビができたら、スキンケアをしっかりしないと、と思いがちですが外からのケア(スキンケア)の効果は40%、内側からのケア(食べ物や栄養素の摂取)から得られる効果が60%とされています。
つまり、スキンケアももちろん大切ですが、それよりも食事で口にするものを意識する方がニキビを治すには効果的とも言えます。

食事で栄養バランスがとりにくい場合はサプリメントを活用するといいでしょう。
まずはベースとなるマルチビタミン、そして美肌効果のあるビタミンCやE、ビタミンAをさらに摂取するといいでしょう。
水溶性ビタミンの場合、吸収しきれないものは排出されるので数回に分けての摂取がおすすめです。

また、体内環境を整えることによって体内に溜め込まれたものが外に出るので胃腸が正常な働きをするようになり、便秘も改善されると肌のコンディションも整いニキビに悩まされなくなります。

 

おわりに

思春期ニキビと違ってフェイスラインやアゴにできる大人ニキビは、治りにくく、繰り返しできるのでとてもやっかいです。
ホルモンバランスが不安定になりがちな生理前やストレスが溜まったら突如として姿を現します。

いつもできるニキビ、そのままにしておきますか?
それとも、しっかりケアをして大人ニキビから卒業しますか?

肌をケアしたぶんだけ肌は育ってくれます。
まずはできることからニキビケアをはじめてみてもいいかもしれません。

ニキビケアランキング1位 ルナメアAC

おすすめのニキビケアは「ルナメアAC」

毛穴の特性に着目!油溶性のニキビ予防成分配合ニキビケア

保湿★★★ 優しさ★★★ コスパ★★★

ルナメアAC
1,000円+税 
(1週間分)
送料無料
4点セット:洗顔料/化粧水/化粧水(2回分)/ジェルクリーム
おまけ:泡立てネット
ルナメアAC口コミ記事

ニキビケアを探している人はこちら!
>>ニキビケア比較ランキング
大人ニキビにおすすめの化粧水の紹介はこちら!
>>大人ニキビに高保湿成分配合の化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る