目の下のクマ、大丈夫?簡単ツボ押しで老け顔解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目の下のクマ、大丈夫?簡単ツボ押しで老け顔解消!

あなたの目元はどんな状態?

毎日、朝から晩までパソコンに向かっていると、クマ、気になりませんか?
仕事柄パソコン作業の多い著者も、例外ではありません。
最初はまさかクマだなんて思いもせず、「ウォータープルーフのマスカラにしたはずなのにマスカラが落ちちゃうわ」なんて思って鏡をよく見てみたら、マスカラ汚れではなく「クマ」だったなんてことも…。
特に、集中して仕事をした日の夜は、クマがくっきり。
しかも、よーく観察すると、少し青みを帯びていたり…。
これは、過労や寝不足によって、血液の循環が悪くなっている証拠です。
こんなクマを発見すると「確かに、最近忙しかったモノ…」と、妙に納得してしまうものです。
こうしたクマができるのは、血行の悪い女性には多い症状で、冷房の影響も大きいのだとか。
では、どうしたらクマを解消することができるのでしょうか。

 

まずはじっくり目元を温める

朝起きて目の下にクマがあると、憂鬱ですよね。
表情だって暗く見えちゃうし、化粧のノリも悪いし、年齢より老けてみられてしまったり…。
そんな目元のクマを解消するには、目元をじっくり温めて血行をよくするのが改善のポイント。
化粧をする前の洗顔後の目元に蒸しタオル当ててみるだけで、血行改善につながります。
蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを電子レンジで約1分ほど温めるだけで完成。
あとは、目を閉じて目元にしっかり当ててください。
目元が温まるだけで頭も冴え、気持ちがいいですよ。

 

目元のケアでクマを撃退!

目元のクマをとるには、目元の集中マッサージがお勧めです。
それでは、マッサージの方法をご紹介します。
まずは、目頭から鼻にかけてくぼんだところにある「清明(せいめい)」というツボを、指の腹で軽く押さえてください。
次に、黒目のやや下にある「承泣(しょうきゅう)」というツボを押します。
最後に、目頭よりやや横のくぼみにある「瞳子りょう(どうしりょう)」と呼ばれるツボを押さえましょう。

目の下のクマ、大丈夫?簡単ツボ押しで老け顔解消!

これらのツボはどれも目元の血行を促すツボで、目のクマにとても効果的です。
押し方は簡単。
10秒ほど、指でゆっくり押さえるだけでいいのでテレビを見ながらのちょっとした時間を利用して、試してみてはいかがでしょう。
目元用のアイクリームを塗りながら、ツボを刺激するとダブルで効果的です。
押して気持ちいいくらいの強さがポイントです。

20代を過ぎると、目元にも疲れがでやすいもの。
いくらメイクをしっかりしていたって疲れた目元にクマができていれば、老けた印象につながります。
「ツボ押し」と「温め」で目元のクマを解消し、目力アップを目指しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事


ページ上部へ戻る