彼のことがまだ好き…辛い失恋を乗り越える7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
彼のことがまだ好き…辛い失恋を乗り越える7つの方法

はじめに

一度でも大好きだった彼との別れは本当に辛いものがありますよね…。
自分で別れを告げるならまだしも、突然別れを告げられたときにはもう一生立ち直れないんじゃないかと絶望することもあるかも知れません。
著者も長い間付き合った彼に別れを告げられた後、別れたのは自分に非があったからだと随分自分を責めて苦しんだ経験があります。
女性は感情豊かですから、一度出てきてしまった感情を解消せず押し殺してしまうと後で精神的なトラブルをいろいろと背負い込んでしまうので要注意です。
そこで今回は別れてもまだ元彼のことが忘れられない女性のために、辛い失恋を乗り越える7つの方法をご紹介したいと思います。

 

1.自分を許す

まだ元彼に未練があるときこそ、自分を許すように心がけてください。
自分のせいで別れたと思ったとしても、自分を責めないようにすると失恋の傷も癒えやすいです。
どんなに自分が悪く思えても、100%あなたが原因であるということはありえません。
相手の男性が違う人なら結果は何か違っていたかも知れません。
あなたの状況がもっと違ったものだったら、そのとき取った行動や言動は違っていたかも知れません。
その時々に人が起こす行動には様々な理由があります。
自分を責めすぎてしまうとうつの原因にもなりかねますので、「あ、今自分を責めているな」と思ったら他の原因や理由を一人でまたは友達と一緒に考えてみましょう。

 

2.後悔を手放す

前の恋愛で何か後悔したことがあっても、全て納得して忘れてしまうことが失恋を乗り越えるためには大切です。
後悔したことを紙に全部書いて燃やしてみてもいいでしょう。
心に余裕も出来て、次の恋愛の準備もしやすくなるでしょう。

 

3.最悪だったときを思い出す

別れたときには元彼の良かったところや二人が幸せだった思い出ばかりを思い出してしまいがちですが、むしろ二人の最悪な思い出を思い出すことは失恋を乗り越えるために案外効果的です。
ケンカしたときや、元彼が取った最悪な行動などを思い返すと、次の恋愛のための反省にもなるし、別れてよかったと思えるかも知れません。

 

4.友達に会う

友達と会うことは失恋を乗り越えるために重要なことの一つだと思います。
元彼と付き合っていたときは時間がなくてあまり会うことが出来なかった友達に連絡を取り、お茶やランチに誘ってみましょう。
話を聞いてもらうだけでも心が軽くなるだろうし、もしあなたの友達も失恋を経験していたなら、立ち直るためのヒントをくれることもあるかもしれません。

 

5.完全に連絡を断つ

別れたのなら完全に元彼との連絡を断つようにしましょう。
ただでさえ前に進むのは辛くて難しいのに、別れてもメールや電話し続けることでいつまでもずるずる前の恋愛を引きずってしまいます。
次はもっと良い人と良い恋愛をするためにもここはきっぱり連絡を断つようにしましょう。

 

6.思いっきり泣く

失恋して悲しくて泣いてしまうのは誰でも経験して当たり前のことです。
泣きたいくらい悲しくて辛いのにその感情を押しとどめてしまうと、いつまでも過去に縛られてしまい立ち直ることが出来ず、後々困ったことになります。
2,3日くらいヤケ食いしても大丈夫です。
思いっきり感情を吐き出しましょう。

 

7.別れたことのメリットを考える

シングルになったことで、彼氏のことを気にすることもなくどこでも誰とでも好きなことが出来ます。
それに次はもっと素敵な人と出会って、また恋のドキドキが味わえる・・・と思うと自然に前向きな気持ちになりませんか?
元彼を思い出して辛いときはそんなことを考えてみましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
経験上感情を思いっきり吐き出すのは特に重要な点だと思います。
仲の良い友達に話を聞いてもらったり、思ったことを紙に書いて捨てるというのもいいと思います。
いきなり前に進むのは難しいと思うので、少しずつで良いので今回紹介した方法を試してみてくださいね!

参考元:all women stalk

本格的な占いをしたい方にオススメの記事

【実際に試しました!】>>電話占いウィルの口コミ
安萄ミアの無料タロット占い【復縁占い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る