水だけ?洗顔料?朝洗顔の悩みを徹底解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水だけ?洗顔料?朝洗顔の悩みを徹底解決!

朝洗顔って・・・?

朝の洗顔、いろんな説があるけど結局何が正しいの~?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
いろんな説があるのは当たり前です!だって、人それぞれ肌質は違うんですもの。

大事なのは“今の自分の肌状態”に合った洗顔をすることです。
今後迷うことのないように、見極め方をご紹介いたします。

 

基本的には洗顔料を使う

ちゃんとお風呂も入ったし、夜って寝ているだけだからキレイでしょ?
いいえ、違います。

人は寝ている間にたくさんの汗や皮脂を出していますし、夜に塗ったスキンケアも、酸化して細菌の集まりになっています。
だから、朝には一度リセットしてあげる必要があるんです。

皮脂は[「脂」なので、水だけでは全てを取り除くことができないので、きちんと洗顔料を使って洗います。
ただし、ゴシゴシ洗いはしないこと。
あくまで汚れを優しく浮かせて落とすようにすることを心がけましょう。

 

ひどい乾燥肌・敏感肌は水だけ洗顔

洗顔料を使えとお話したばかりですが、ひどい乾燥肌・敏感肌の方には水だけ洗顔をおすすめしています。

皮脂は、健康な肌であれば洗顔で取れすぎてしまってもすぐに分泌されます。
ですが、乾燥肌と敏感肌の方は皮脂の分泌量が極端に少なくなっている状態なので、大事に大事にしてあげる必要があります。
洗顔料だと皮脂が取れすぎてしまうのでNGです。

朝起きた時に肌が多少乾燥しているのは当たり前なので、目安として笑うのが辛いくらい肌がカピカピに乾燥している方や、普段化粧水をつけただけでヒリヒリするような方は、水だけ洗顔をしましょう。

 

水だけ洗顔の注意

ここでポイントです。
水だけ洗顔とお伝えしていますが、水といっても冷水でもお湯でもいけません。

正しくは“ぬるま湯”です。
冷水だと汚れが肌の上で固まってしまってキレイに落とせなくなってしまいますし、お湯だと肌をより乾燥させてしまいます。

温度設定ができる場合は32~34度を指定してください。
できない場合は、あったかくはないけど冷たくもないという体感であれば適温です。
お風呂と同じ温度設定では熱すぎます。

 

肌質は日々変わります

肌の状態は1年中同じとは限りませんので、朝洗顔も年中同じというわけにはいきません。

一般的に、皮脂の分泌量は春から夏にかけて増え、秋から冬にかけて減っていきます。
さらに、25歳を過ぎたあたりから年々減っていきますので、いつものやり方が急に合わなくなる場合もあります。

また、生理前などは肌が過敏になりますよね。
そこで、季節や年齢、月経サイクルなど、常に状態を確認して適した洗顔をしてあげる必要があります。

例えば筆者(1986年生まれのアラサー)ですが、冬になると、Tゾーンはベタベタだけど頬はカサカサしているので、朝はTゾーンにだけ洗顔料をのせて洗うようにしています。
このような感じで、場所によっても使い分けるようにすると良いでしょう。

 

芸能人の洗顔方法

ここで芸能人の方の朝洗顔のやり方を一部ご紹介します。
最初にお伝えしましたように、人それぞれ肌質が異なるので自分に合うとは限りませんが、気になる方は一度試してみてください。

梨花さん 黒木瞳さんはぬるま湯洗顔

洗顔料は使わずぬるま湯のみで洗っているそうです。

平子理沙さんは蒸しタオル洗顔

顔は洗わず、蒸しタオルで数回顔を抑えるそうです。

はるな愛さんは拭き取り洗顔

顔は洗わず、コットンに化粧水を含ませたもので汚れを拭き取っているそうです。

 

夜は必ず洗顔料で洗う

夜の洗顔の目的は、朝同様に皮脂やほこりなどをとることもありますが、1番は肌に残ったクレンジング剤をきちんと洗い流すことです。
クレンジング剤は油と界面活性剤でできていますので、肌に残ると肌荒れを引き起こします。
必ずクレンジングの後には洗顔料できちんと洗い流しましょう。

W洗顔不要のクレンジングを使用している場合は必要ないですが、少しでも肌に残っているような感覚があれば、再度洗顔料で洗うことをおすすめします。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
まずは、朝起きたら常に肌状態をチェックする、というのを日課にしてみてください。
しっかり自分の肌と向き合うことで、別の肌トラブルを回避できることもあります。
そして、自分に合った洗顔で、1日のよいスタートをきってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。

関連記事



ページ上部へ戻る