効果抜群!食べる順を変えて爆発するだけの簡単ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ順爆発ダイエット

1.いつもの食事の方法は間違っていた!?

いつも何気なくそして毎日続ける行為、それは食事に他ありませんよね。毎食完璧に栄養バランスを取り続ける事は飽食の時代には本当に難しいことです。だから栄養バランスを整えると身体が健康になるのは分かるし、痩せることも十分に理解していても、それを毎日実行するのは不可能です。
そんな悩みを解消するのが、最近話題となっているその名も「食べ順爆発ダイエット」です。
何が爆発するのかは後で説明しますが、簡単に言うと、痩せやすい食べ方をマスターするというものです。 これなら簡単ですよね、どんな種類の食事が来ても、外食が続いた時にもいつでも出来ちゃいます。

2.いつも最初に食べていたものは最後に食べる

太りやすい食べ順というものが存在する、という事が判明しました。では、どういう食べ方が太りやすいのでしょうか。 まず陥りがちなのが、最初に炭水化物を取る事です。
そうすることで、血糖値が急激に上がり、急激に下がるということで脂肪の蓄積が毎回行われます。
怖いですね、普段何気なくご飯や麺類やパンを食べていました。しかしそれはダメです。急激に血糖値が下がるとどうなるかというと、また低血糖状態になるので、炭水化物を要求する身体になるのです。
つまり、“食べても食べても食事がしたくなる”という恐怖のスパイラルに陥るのです。
覚えがありませんか?お腹がすいてパンを食べたけど、また少しすると普通のご飯が食べたくなるといったことがあるはずです。太っていく人は炭水化物がとても好物だったりしますので、今後の食べ方に気を付けなければ、ただ食べるだけで太っていきます。

3.正しい食べ方とは!?

それでは、正しい食べ方をマスターしましょう。
流れとしては、①正しい食べ順を守る→②“爆発する日”を設定する、となっています。とてもシンプルですね。
まず①の正しい食べ順ですが、以下の通りとなっています。
1.食物繊維(きのこ、海藻、野菜など) 生→発酵もの→火を通した野菜の順です。
※フルーツがあれば最初に食べて酵素の力を借ります。
2.たんぱく質(大豆製品、肉、魚、卵など) 植物性、乳製品→肉類の順です
3.炭水化物(ご飯、パン、麺類、芋類、小麦など) お肉を食べるとご飯をセットで食べたくなりますが、それはNGです。
そして、体脂肪が28%以下になった時に実行するのが“爆発の日”です。
これは停滞期を乗り切る為の秘法なのですが、もし、体脂肪が減っていなければ、まだ①を実行し続けていきます。

一言で言うと、爆発の日は炭水化物をドカ食いすることです。
停滞期に入ると痩せる為のホルモンの分泌が滞るので、それを回避する為に無理やり食べてそのホルモンを呼び覚まします。
ちなみに、体脂肪の値によって“爆発の日”の頻度は事なりますので要注意です!

体脂肪率での違い

  • 11~13%→1週間に1回
  • 13~18%→2週間に1回
  • 18~28%→3週間に1回

さて、食べ順爆発ダイエットの方法は以上です。
非常にシンプルですよね。凄く簡潔に説明すると、ご飯は最後に食べて爆発の日に炭水化物をドカ食いする、というだけのダイエットです。
ぜひ、次の食事の時から実行してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事


ページ上部へ戻る