気に入られたいけどどうしたらいいか分からない…愛される人になるための7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気に入られたいけどどうしたらいいか分からない…愛される人になるための7つの方法(後編)

はじめに

あなたのまわりにはいつもたくさんの人に囲まれて幸せそうな人が何人かいませんか?
何の努力もしてなさそうなのになぜ人から好かれるのか、なぜこんなに努力をしている自分はもっと好かれないのかと考えたことはありませんか?
筆者も含め「もっとみんなに好かれて友達が多かったらな…」「職場の人間関係が上手くいかない」などと悩む女性は多いのではないかと思います。
そこで今回はあなたの人間関係を少しでもスムーズにするために、愛される人になるための方法を7つご紹介したいと思います。

 

1.優しくする

これは明らかかも知れませんが、人から愛される人には優しい人が多いと思います。
ただし、人に気に入られたいからといって無理に優しく接そうとするとぎこちなく見えてしまって逆にまわりの人が離れてしまうこともあるので、出来るだけ自然体でいるようにしましょう。
あまり好きじゃない人に優しくするのは難しいかも知れませんが、自分の感情に左右されないでどんな人にでも優しくするというスタンスを保つと、いつのまにかいろんな人に好かれている自分に気づくはずです。
また、他人がどうしても好きになれないときは実は一部分でも自分のことが嫌いなときが多いです。
他人に優しくすることが難しいと感じたらまずは自分に優しくすることから始めてもいいかも知れませんね。
嫌な態度を取るのは誰にでも出来ます。
おおらかで優しい女性を目指しましょう。

 

2.許す

人に好かれにくいと思ったことがあったら、あなたは自分や他人を許すことが出来ているかを少し考えてみてください。
もし許すことが出来ないほどひどいことをされたとしても、許すことが出来るように努力してみてください。
ほんの小さなことでも他人を許さないことで、無意識に自分を縛ってしまい自分をも許せなくなってしまいます。
「自分が自由に生きるため」と思えば他人を許す努力もしたいと思えますよね。
自分一人ではどうしても解決できないと思ったら、信頼できる人やカウンセラーに話して許すワークをしてみてください。
許すことでもっと人を好きになることが出来、また人からも好かれるようになるでしょう。

 

3.思いやりを持つ

あなたのまわりにいる本当に優しくて素敵な人を思い浮かべてみてください。
その人たちはいつでもあなたや他の人に思いやりを持って接していませんか?
思いやりを持つことで他人に共感することが出来ます。
そして他人と共感すると、同じ感情を共有するのでその人のことが好きにならずにはいられなくなります。
おそらく接している相手もあなたに共感されることであなたのことが自然と好きになっていくでしょう。

 

4.余計なことは言わない

言葉足らずでも誤解を生んだり、しゃべりすぎてもケンカになったりとどちらにしてもトラブルが起こるときは起こるものですが、感情的になったときには特に言いたくても余計なことを言わないようにするのが無難です。
今言おうとしていることが本当に大切なことなのか少しでいいので考えてみましょう。
言葉は傷つけもしますが、ときに人の助けにもなります。

 

5.感謝する

自分の気分が優れていないとどうしても人に愚痴ばっかり吐き出してしまったり当たったりしてしまうときがありますよね。
多くの人はやはり辛いことや悲しいことよりも楽しいことを話したいと思うので、いつも愚痴っぽい人からはどうしても離れていってしまいます。
筆者も2年間くらいの間人生のどん底と言えるくらいの時期があり、自分のまわりで起こること全て悪いとしか思えないときがありましたが、その間ずっとまわりの人に話していたことといえば愚痴や悩みや辛い気持ちばかりだったと思います。
次第に人と話す機会も減っていったころ、あるときその日感謝したことを日記につけようと思い立ち始めてみると、どんなに小さなことでも感謝することが出来るようになりました。
感謝することが出来るようになると楽しい気分にもなりやすくなり、人からも好意を抱かれやすくなります。
筆者と同じような悩みを持つ方はぜひ日々の中でどんなに小さなことにでも感謝する習慣をつけるようにしてみるといいかも知れません。

 

6.人と競争するのをやめる

競争心が強いことは時と場合によっては良いことです。
競争心があるから、試合でも良い結果が出せるし成長することが出来ますよね。
しかし、誰かと仲良くしようとするときには競争心は不必要です。
他人と競争するのではなく、過去の自分と競争するようにしましょう。
達成することが出来るゴールを設定することによって、過去の自分よりもっと素敵な自分を目指すことが出来ます。

 

7.我慢強くなる

無条件に自分と違う他人を認めてあげることが、人を好きになり人から好かれるために重要な最後のポイントになります。
他人の意見を認めるというのは、自分の意見を全て投げ捨ててまでその人に従うということではありません。
他人の意見に同意することが出来ないとしても、その人の意見も聞くに値するものであるとまずは受け入れ、その後自分の意見も伝えるということです。
最初に我慢強く相手の意見を受け入れてあげると、あなたやあなたの意見が尊重されやすくなります。
人の話を聞いたとき「これは違うぞ」と思ったとしても、そこはぐっと堪えて否定することなく自分の意見を伝えるようにすると人間関係もスムーズになると思います。

 

おわりに

どれも当たり前のようですが、実行するのは難しいと感じるものもあったのではないのでしょうか?
基本は全て「人から何かが欲しかったら、まずは自分からそれを与える」ことであると思うので、これを意識して出来ることから実行してみてください。
また、人との接し方と同様に自分への接し方も考えることで、より好意を持たれる人に近づくことが出来るかと思います。

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事



ページ上部へ戻る