冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

ホッカイロが手放せない?
湯たんぽがないと眠れない?

冷えは辛いですよね。
冷えは万病の元と言われています。
女性は男性よりも筋肉が少なく脂肪が多いので冷えやすい体とされています。
女性の悩みのほとんどがこの冷えからくるって知っていましたか?
つまり、体から冷えを取り除くことができればあなたの体や肌の悩みは解決することができます。

 

あなたはどの冷えタイプ?

もともと、体内で熱を作る力が弱く冷えやすい体質という人も中にはいますが、冷えとは体温が低いことで血液のめぐりが悪くなることでも起こります。
体温が低いと体が疲れやすくなったり、免疫力が低下するので風邪をひきやすくなります。
冷え性には3つのタイプがあるので、自分はどのタイプなのかチェックしてみましょう。

タイプ①四肢末端型冷え性

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

特徴

  • 手足の先端がいつも冷たい
  • 汗をかきにくい
  • 食事量が少なめ
  • 冷えると頭が痛くなる
  • 10~30代女性に多い

原因

基礎代謝が低いため、エネルギーの生産量が少なく、さらに全身への血の巡りが悪くなっていることが考えられます。

対策

  • 運動をして基礎代謝を上げていきエネルギー生産量を増やしましょう。
  • シャワーではなく、湯船に浸かる、または、サウナや岩盤浴でしっかりと体を温め汗を出していきましょう。
  • 食事は脂肪分は少なめに、エネルギー源となるたんぱく質を意識した食事に変えましょう。

 

タイプ②下半身冷え性

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

特徴

  • 腰から下が冷えている
  • 更年期障害と症状が似ている
  • 上半身にだけ汗をかきやすい
  • 冷えると上半身や顔がほてる
  • 中高年男性に多い

原因

年齢を重ね、血管が細くなっていたり、血流が滞りやすくなっています。
また基礎代謝が低下していることも原因と考えられます。

対策

  • スクワットやかかと上げのエクササイズ、もも上げやウォーキングといった下半身を使う運動を生活に取り入れましょう。
    代謝を高める効果と下半身の筋肉を鍛え下半身の血の巡りを改善していきます。
  • シャワーが続いてしまう時は湯船に熱いお湯を張り、足湯をしましょう。
    足元から温まるので血流が良くなります。

 

タイプ③内臓型冷え性

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

特徴

  • 風に当たると極端な冷えを感じる
  • 全身に汗をかきやすい
  • 疲れやすい
  • 下腹が冷えやすい
  • 冷えると腹痛、腹部の張りを感じる

原因

エアコンなどを日常的に使っていると自律神経のバランスが崩れ、体温調節が自分でできなくなります。
その結果、皮膚表面は寒さを感じず熱を逃がしてしまって内臓が冷えてしまうと考えられます。

対策

  • ホッカイロを腹部や腰、背中に貼り体を芯から温めましょう。
  • 首・手首・足首を温めましょう。
  • 通気性の良い下着をつけましょう。
    冬はウールのセーターに風を通しにくいナイロン製のウィンドブレーカーなどを着ましょう。

 

冷えが引き起こす症状

あなたの体や心の不調はもしかしたら冷えからきているのかもしれません。
もし、当てはまる症状があったら体力をつけ、体を温めるようにしてみてください。

体編

  • むくみ
  • 疲れ
  • 体重増加
  • 風邪
  • 生理痛
  • 便秘下痢
  • 肩こり、腰痛
  • 頭痛

肌編

  • むくみ
  • くすみ
  • ニキビ
  • 乾燥
  • クマ

メンタル編

  • イライラ感
  • ゆううつ感
  • 不眠

 

冷え解消対策

ポイントは体を温め血の巡りを良くしていくことです。
食事と運動を組み合わせて冷えにくい体を作っていきましょう。

食事編

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

体を温める食材
ショウガ、ねぎ、とうがらし、にんにく、豆腐、納豆など

運動編

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

スクワット、もも上げ、ウォーキング
下半身には全体の筋肉の70%があると言われています。
基礎代謝を高めるためにも、筋肉を効率よくつけるためにも下半身を鍛えていきましょう。

他にも・・・

冷えをなんとかしたいあなたのためのタイプ別冷え解消講座

冷えの改善には食事・運動・入浴が効果的です。
入浴時はできるだけシャワーで済ませるのではなく、湯船につかりしっかりと体を温めることが大切です。
それが難しい時は、岩盤浴やサウナで定期的に汗をかく習慣をつけましょう。

ホッカイロで体を冷やさないようにしたり、冷たい飲み物をホットドリンクに変えるといった日々の積み重ねにより、冷えが改善されていきます。

 

おわりに

自分のタイプは見つかりましたか?
どのタイプも体を冷やさないことがなにより大切です。

冷えはケアしていけば改善するものです。
冷えを取り除き、体温を上げ代謝を高めていけばPMS・生理痛の緩和やダイエット効果、疲れにくくなったり、肌の調子もすこぶる良くなっていきます。

また血流が良くなることで肩こりや腰痛の悩みも解消されます。
そして、免疫力もアップすれば風邪を引きにくくなるでしょう。

冷えは万病の元です。
冷えを解消し、体の不調を取り除いていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る