第三のミルク!!ネクストブレイクはライスミルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第三のミルク!!ネクストブレイクはライスミルク

2015年にブレイクすると美容業界で噂されているライスミルク、もう飲んでみましたか?
これまで豆乳をはじめとして、健康や美容、ダイエット効果のあるドリンクとしてアーモンドミルクやココナッツミルクが注目を集めてきました。
そして、2015年は日本人の主食「米」をすりつぶしたライスミルクです。
自宅でも作れるのでさっそく試してみませんか?

 

ライスミルクについてもっと知りたい!

ライスミルクとは名前の通り、米からできているドリンクです。
日本では米は主食として食べられていますが、欧米では玄米と水でつくられたライスドリンクとして取り入れられています。
中には塩や植物油をプラスして飲みやすくしていたり、抹茶やフレーバーをつけたものもあります。

 

ライスミルクの特徴

ライスミルクは植物性のミルクなので牛乳でお腹を下してしまう人や牛乳アレルギーの方や、ベジタリアンの人に人気があります。
またライスミルクは牛乳よりも低カロリーで低脂肪、さらにコレステロールゼロなので健康に気を遣うすべての人におすすめです。

ライスミルクはサラサラしていて、牛乳よりもあっさりしています。
これまでの牛乳の代替品としてシリアルやフレンチトースト、クッキーやパンケーキなど幅広く使えます。
甘さも抑えられるので大人のおかし作りにぴったりです。

 

ライスミルクがブレイクしそうなそのワケとは

ライスミルクがブレイクしそうな理由は、体にいいからです。
ライスミルクには玄米が使用されています。
玄米は完全栄養食と言われています。
糖分は控えめでビタミンやミネラル、食物繊維が白米よりも摂取できる玄米には、ほかにもイライラを抑えるGABAやγーオリザノールという糖尿病予防やコレステロールの吸収を抑え、抗肥満作用が期待できる成分が配合されています。
その効果は医薬品に使用されるほどです。
つまり、不足しがちな栄養素を摂取しながら健康的にダイエットしていくことができる食材です。

ダイエット効果のほかにも、ライスミルクを摂取することで、便秘改善、毒素排出・デトックス効果、美白効果、むくみ改善、白髪予防やアンチエイジング効果ができます。
女性の悩みを改善してくれるからこそ人気を集めているんですね。

 

ライスミルクの入手方法

ライスミルクは海外では普及しているものの、日本ではまだまだ入手が難しいでしょう。
輸入食品店やアマゾンや楽天などのネット通販を利用して手に入れるのが手早く購入する方法です。

だいたい、1リットル600円前後という決して安くはない価格というのが唯一のデメリットと言えるかもしれません。

ライスミルク
ライスドリンク(ビタリッツ)ナチュラル
1L 606円

 

高くて買えない?だったらお家で作ってみよう!

一リットルで600円というのが高いと感じてライスミルクを諦めていませんか?
実は、ライスミルクは自宅で簡単に作ることができます。
用意するのはミキサーと玄米と水、塩だけです。
さあ、あなたもライスミルクのスゴさをお家で体験してみましょう。

ライスミルク 500cc分

  • 玄米 20g
  • 水 500cc
  • 塩 ひとつまみ

玄米は一晩つけておいたものを使いましょう。
材料を用意したら、ミキサーの中に入れておよそ2分回します。
米のつぶつぶ感がなくなれば完成です。

お好みで蜂蜜を入れるとまろやかでやさしい甘みが出ます。
また一度つくってみて、お好みに応じて水や玄米の量を調整して自分だけのライスミルクレシピを作ってみてください。

 

おわりに

いかがでしたか?
2015年日経トレンドで第4位にランキングしたネクストブレイク必須のライスミルクについて少しは興味を持ちましたか?
日本人になじみのある玄米は炊くのに手間がかかったり、味が苦手という人もいるかもしれませんが、ドリンクとして飲んでみると味はさらっとしていて飲みやすく、ニオイもないので飲みやすく、お菓子や料理の邪魔をしません。
低カロリーで美肌・美容効果や食欲を抑える玄米なのでダイエット中のドリンクとしてもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る