ニキビと食事は関係ないの?思春期ニキビを改善するための食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
思春期ニキビを改善するための食事

こんにちは。
暖かくなり、雪も降り積もることが減り、だんだんと春の兆しが見えてきました。

さて、ニキビを改善・予防するには洗顔の見直しや生活習慣の見直しなどが挙げられます。
そして、「体内環境を整える」ために、食生活の見直しも大きな対策のひとつです。

今回は、思春期ニキビを改善するための内側からのケアをご紹介します。
いくら外側からのスキンケアを頑張っても一向に改善されないという方はぜひ内側からのケアも気にしてみてください!
体にも優しい食事をご紹介しますので、外食続きやお菓子ばかり食べてしまうという方はぜひこれを機に食生活の見直しをしてみてくださいね!

 

思春期ニキビを改善するため栄養素と食材

①ビタミンA

ビタミンAには肌のターンオーバーのサイクルを正常にするという効果が見られます。
正常なターンオーバーが行われると、肌はいつも28日周期で生まれ変わるといえます。
また、免疫力を高めるのでニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑える効果もあります。

ビタミンAをたくさん含む食べ物

レバー、ニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、うなぎなど☆

②ビタミンB群

ビタミンB群には皮脂の過剰分泌を防いだり、新陳代謝を促進するという効果があります!
つまり、皮脂をエサとするアクネ菌の増加を防ぎニキビをできにくくすることが可能です。

ビタミンB群をたくさん含む食べ物

ニンニク、ゴマ、まぐろ、卵、納豆など☆

③ビタミンC

ビタミンCにはメラニンの生成を抑え、ニキビ跡になりにくくしたり、エイジングケアに効果があります。
また、コラーゲンの生成を促進するためクレーター状のニキビ跡の改善も期待できます。
ニキビの炎症を引き起こす活性酸素の除去や皮脂分泌コントロールなどの効果もあります。

ビタミンCをたくさん含む食べ物は

パプリカ、ブロッコリー、キウイ、イチゴ、レモンなど☆

④ビタミンE

ビタミンEは血行促進効果やホルモンバランスを整えるなどの効果があります。
ホルモンバランスが整うと毛穴の詰まりが起こりにくくなり、ニキビの悪化を防ぎます。
また、肌老化の進行を抑制します。

ビタミンEをたくさん含む食べ物
アーモンド、シーチキン、ハマチ、たらこ、すじこ、など☆

 

ニキビを悪化させる食べ物

日清食品 カミングダイエット

ニキビの改善・予防に効果がある栄養素の紹介をしましたが、それでは逆にニキビを悪化させる食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

「チョコレートを食べ過ぎるとニキビができる」など、食べ物にかかわるニキビのうわさを一度は耳にしたことがあると思います。
ですが実際には関係は明確ではないとされています。

しかし、動物性脂肪や糖質のとりすぎは皮脂の過剰分泌を引き起こす原因になります。
もちろん栄養バランスが偏った食事もニキビの原因になります。

また、カフェインはビタミンB群の吸収を阻害するのでとりすぎには十分注意しましょう。

香辛料などの辛いものも、内臓に刺激がかかるためとりすぎには注意です。

 

便秘はニキビに悪い?

便秘は長時間腸の中に便が溜まり、排出すべき老廃物や毒素が蓄積されている状態のことを指します。
便秘の影響は全身の血中に溶け込んだ毒素により全身へと及びます。
その影響のひとつに、肌トラブルが挙げられます。

便秘を解消する食べ物を摂取して腸内環境を整えましょう!

便秘を解消する食べ物

プルーン、ヨーグルト、さつまいも、バナナ、など。

 

おわりに

いかがでしたか?今回は、ニキビと食事についての関係についてお話ししました。
ぜひこれを参考に、栄養バランスが整った食事を心がけてみてください。
普段の食事があまり良いものではないな、と感じた方は今日からさっそくジャンクフードや冷たい食べ物、糖分の高い食べ物を減らしてみてくださいね!

写真提供:Meno Istorija

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:石田 悠菜

著者の記事一覧

1997年生まれ。日本化粧品検定1級保有、コスメコンシェルジュ。
化粧品やメイクが大好きです。
トレンドだけに左右されず、皆様の参考になる記事を書けるよう頑張ります。
よろしくお願いします☆







関連記事











ページ上部へ戻る