化粧水は使い分けがポイント!柔軟・拭き取り・収れん3タイプの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧水は使い分けがポイント!柔軟・拭き取り・収れん3タイプの使い方

化粧水が合わないのは選び方が間違っていたから?

みなさんお気に入りの化粧水はありますか?もし毎回効果がないなぁ…と思っている方がいらっしゃいましたら、それは商品選びではなく化粧水の“タイプ”選びが間違っているせいかも?

化粧水は大きく

1.柔軟化粧水
2.拭き取り化粧水
3.収れん化粧水

の3タイプに分かれます。

それぞれどのタイプを選べば良いかをご紹介します。
また、タイプによって使い方が全く異なるので、そちらも忘れずチェックしてくださいね。

 

1. 普段使いには「柔軟化粧水」

おそらくほとんどの方が使っている化粧水がこちらです。
洗顔後に使用し、肌に水分を与えることで、肌を柔らかくしてなめらかにします。
わざわざ「柔軟」という言葉をつけている商品は少ないかと思いますので、何も表記がなかったらこちらのタイプだと思っていただいてかまいません。

他のタイプを使用するにしても、この柔軟化粧水は必ず必要となりますので、必ず1本は持っておきましょう。

必ず乳液またはクリームを重ねる

柔軟化粧水には、潤いを与える効果はありますが、潤いを保つ効果はありません。
そのため、せっかく与えた潤いが逃げてしまわないように、必ず乳液かクリームで蓋をしてあげましょう。

 

2.肌のざらつきが気になる場合は「拭き取り化粧水」

「拭き取り化粧水」は、その名の通り拭き取って使用する化粧水です。
コットンに染み込ませて使います。
肌の余分な角質や汚れを取る効果があるので、洗顔しても肌にざらつき感が残る方や、毛穴汚れが気になる方におすすめです。

化粧水と言う名前はついていますが、柔軟化粧水と同じ感覚で使用してはいけません。

洗顔後、柔軟化粧水の前に使う

拭き取り化粧水は、柔軟化粧水のように肌に水分を与えるのではなく水分を染み込みやすくさせるための下準備として使います。
なので、拭き取り化粧水を使った後は、必ず柔軟化粧水をつけてあげましょう。
潤いが足りずに肌が乾燥してしまいます。

肌に浸透させないこと

拭き取り化粧水は、消毒効果のあるエタノールが多く含まれている商品が多いので、柔軟化粧水と同じ感覚で肌に染み込ませようとすると、肌が荒れてしまう場合があります。
正しい使い方は、コットンに染み込ませたら、肌の上を優しくすべらせるように拭き取ります。
何度もこすったり、パック感覚でコットンを当て続けるのはNGです。

ただし、予め少量しか出さないという方法はNGです。
量が少ないとコットンの繊維で肌を傷つけてしまうので、コットンの繊維がなくなるくらいたっぷり染み込ませましょう。

 

3.ニキビ肌・オイリー肌には「収れん化粧水」

収れん化粧水の収れんとは“引き締める”という意味です。
アルコールが含まれていて、過剰な皮脂を抑えるという効果があるので、ニキビ肌やオイリー肌の方におすすめです。
また、顔がテカりやすい夏場の使用にも最適です。

こちらも拭き取り化粧水同様、化粧水と言う名前はついているものの、柔軟化粧水とは全く異なるので使い方には注意が必要です。

スキンケアの最後に使う

収れん化粧水は、普段のスキンケアが終わった後、メイクをする直前に使用します。
皮脂が過剰に分泌されるのを抑えてくれることで、化粧を崩れにくくしてくれます。
コットンにたっぷりの量を染み込ませたら、皮脂が多いTゾーンを中心に優しくパッティングをして引き締めてあげましょう。

肌が弱い方や、乾燥する部分への使用はNG

収れん化粧水には肌を引き締めるためにアルコールが多く含まれているので、化粧品で肌がかぶれやすい方は使わない方がいいです。
また、皮脂が多くて困っている部分にだけ使用しましょう。
頬や目元などは乾燥しやすいのでつけない方がいいです。

 

最後に

拭き取り化粧水と収れん化粧水を柔軟化粧水と同じ感覚で使っている方がいらっしゃいましたら、すぐに使い方を見直すようにしてください。
化粧水は、肌トラブルや季節による肌質の変化などによって使い分けるのがGood。
今後の化粧水選びの参考にしてみてくださいね。

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。







関連記事











ページ上部へ戻る