ノンシリコンはもう古い?!新しいシャンプー、 オイルシャンプーの時代が来た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノンシリコンはもう古い?!新しいシャンプー、-オイルシャンプーの時代が来た!

ノンシリコンシャンプー。
何年か前から流行になって、最近ではすっかり定番となったシャンプーですよね。
髪の綺麗な方に「何のシャンプーを使っているの?」と聞くと、大体の方が「ノンシリコンの〜」というほどになりました。

ですが、今、新たなシャンプーが出てきています。
それは、オイルシャンプーです!

名前だけ聞くと、真っ先に浮かぶイメージは「ベタベタしそう」だと思います。
では、逆に皆様、ノンシリコンシャンプーの真っ先に浮かぶイメージは何ですか?
「頭皮にいい」「髪に良い」…。
様々なイメージがおありだと思いますが、一番は「きしむ」ということではないでしょうか?
でも実は、ノンシリコンでありながら、オイルシャンプーはそのデメリットをカバーしているものが多いのです!

 

そもそもノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンが入っていないシャンプーです。
シリコンとはキューティクルに付着し、指通りや手触りを良くするコーティング作用のある人工物です。
手触りを良くする、光沢感を出すなどのコーティング作用はあるものの、保湿や内部補修が出来ないのがシリコンのデメリットです。

シリコンは本当に悪いものか?と言われれば、少し違う事もあります。
髪が激しく痛んでる方の場合であるとコーティング作用がないと摩擦で更に痛むことになります。

逆に髪にボリュームを出したい方はコーティング作用がない方が髪が軽くなり、ボリュームが出やすくなります。
良いか悪いかは、使い手の髪次第というところが大きいのです。

 

話題のオイルシャンプーとは?

オイルシャンプーはその名の通り、油分を多く含んだシャンプーのことです。
最大に注目して欲しいところが、ノンシリコンであるというところです。
オイルシャンプーは、ノンシリコンでありながらきしむことや、指通りが悪くなることが少なく、かつ髪に負担が少ないシャンプーだと言われています。

各オイルシャンプーに含まれる油分の種類にもよりますが、統一してある効能が洗浄力が高いことと、保湿効果があることです。
オイルは種類により効能が違いますので、今回はなりたい髪質別でシャンプーをご紹介します。

パサつき、ゴワツキを抑えしっとりまとまる髪にしたい方

ノンシリコンはもう古い?!新しいシャンプー、-オイルシャンプーの時代が来た!
ディアボーテ HIMAWARI
価格:オープン価格
髪の美容液としてもなかなか優秀なプレミアムヒマワリオイルEx配合でしっとりなめらかな髪に近づけてくれます。
オイルシャンプーの中でも特に泡立ちもよく、髪をしっかり洗えるのにも関わらず、保湿効果のある成分が多いのも特徴です。

潤いはありつつボリュームのある髪やふわふわの髪にしたい方

ノンシリコンはもう古い?!新しいシャンプー、-オイルシャンプーの時代が来た!
スタイルアロマ エンシェント シークレッツ &K モロッカンアルガン シャンプー
参考価格:2400円(税抜き)
モロッカンアルガンオイル、ボラージオイル、モモ核油、ブドウ種子油、アーモンド油、オリーブ油など保湿効果の高いオイルを数種類配合したオイルシャンプーですオイルを数種類配合しつつもきちんと洗浄力はあり、潤いのあるふんわりとした髪に近づけてくれます。
少しお値段も他のものと比べて高いですが、美容院で使われていることも多く信頼性が高いのが特徴です。

 

おわりに

シャンプーは髪質を変えたり、カラー長持ちさせたり、と美髪を目指すためにはこだわらないといけない重要なアイテムですよね。
オイルシャンプーは他のノンシリコンシャンプーと比べると低価格であるため、試しやすい位置にありますね。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!







関連記事











ページ上部へ戻る