ハニー美人は自分ケアで身体も肌もリバイタルUP!意外なはちみつ活用法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はちみつ

はちみつは甘くて濃厚で、一瞬でスイートな幸せ世界に連れて行ってくれる存在です。食べてもおいしい、塗っても嬉しい、それ以外にも様々な薬効が含まれている、そんな一石百鳥的存在なはちみつです。今回はそんな身近なはちみつを使った自分ケアの方法について紹介致します。

1.便秘、風邪、二日酔い対策に!

人間は食べたもので作られると言いますが、本当にその通りです。
別名“食べる美容液”の異名を持つはちみつですが、その効果はきれいになるだけでは留まりません。
はちみつは古くからその効果を様々な方向で発揮し、理想の食べ物としてその名を馳せました。
ただの甘味料だと思いがちですが、はちみつはビタミンB1、B2を始めとするビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールと私達が欲しいと思っている栄養素のほぼすべてを網羅しています。

その豊富な栄養素のせいか、はちみつは胃がん予防や胃炎などの疾患にも効果を発揮します。
胃腸を整える効果があるので便秘に悩んでいる人や下痢が続く人にとってもおすすめしたい食材です。
殺菌作用に優れている為、風邪やのどの炎症、傷や火傷の治療薬としても活躍してきました。
また、はちみつに含まれる成分が肝臓のアルコール分解をサポートし、肝臓を強化しますので、深酒をした日の二日酔いにもバッチリ効果を発揮する、という訳なのです。
これまでは“お酒の前にはウコン”が常識でしたが、これからは“はちみつを舐めてからお酒を飲む”が定着するかもしれませんね。

2.はちみつダイエット!?

甘いはちみつがダイエットになるって知っていましたか?
砂糖よりもローカロリーな上に栄養素もバッチリなので甘みが欲しい時には大活躍です。歌手のビヨンセが医師の指導の元、はちみつだけを食べると言う、何とも辛いダイエットに挑戦し成功したことで注目を浴びました。しかし、ずっとはちみつだけを舐め続けて生活するのは通常のライフスタイルの人には難しいことですよね。
そこで、おすすめなのが“寝る前だけはちみつダイエット”です。
文字通り、寝る前だけはちみつを取れば良いのですが、その後熟睡することがポイントです。寝る時に脳が成長ホルモンを分泌させるためにはエネルギーが必要なのです。そのエネルギーは体脂肪を燃やします。
しかし、体内に糖分がないと成長ホルモンを分泌させるのが難しく、成長ホルモンが分泌されないと体脂肪も燃焼されないという仕組みになっています。
ですので、成長ホルモンを分泌させる為に寝る前にはちみつを取ることで効果的に体脂肪を燃焼できる、という訳なのです。意外と簡単ですよね、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。
※睡眠時間は6時間以上ないと効果は出ません。

3.お手軽はちみつエステ

美容にとってもはちみつは色々なパーツに働きかけます。
はちみつパックはもう有名なのでご存知ですよね。顔や唇、髪にも、身体にも大丈夫です。つまりどこでもOK!全身に使えるパックって中々ないですから嬉しい存在です。
直接的に肌に塗る事によって大抵の肌トラブルは消え去りますし、あらゆる部分をはちみつで直にパックすることが習慣になれば、今まで使っていたエステ代も、もしかしたら不要になるかもしれませんよ!
はちみつはリーズナブルでたっぷり気兼ねなく使えるアイテムです。定期的に使ってしっとりつるつる肌を目指しちゃいましょう! はちみつを使った自分ケアどうでしたか?この3つを知っていれば元気できれいになれない訳がありません。
はちみつを全身フルに使って、ハニー美人になってみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る