リキッドとパウダー、どちらが良い?40代のファンデーションの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リキッドとパウダー、どちらが良い?40代のファンデーションの選び方

40代のファンデーションはリキッド?パウダー?どっちがおすすめ?

基礎化粧品もメイクも年齢と共に見直しが必要ですよね。
若い頃はお気に入りだったコスメが気づくと合わなくなっています。
40代の化粧品の選び方はこちらをどうぞ。
40代の基礎化粧品の選び方

紫外線によるシミや、弾力や潤い低下による毛穴の開きが気になってくる40代。
ポイントメイクよりもベースメイクに力を入れたくなる時期です。

今回は40代のファンデーション選びについて、考えていきたいと思います。
リキッドタイプと、パウダータイプと、どちらが良いのでしょうか?  

 

おすすめするのはパウダーファンデーション

リキッドとパウダー、どちらが良い?40代のファンデーションの選び方

リキッドかパウダーか、どちらがいいのでしょうか?
どちらにも良い点と良くない点とがあるので、難しい問題ですが、どちらか一方をおすすめして!と言われたら著者はパウダーをおすすめします。

パウダーそのものに紫外線散乱効果がある

日焼け止めを頬に塗った女性

まず40代のお肌に紫外線はご法度です。
シミ・シワをはじめ、肌を老化させる要因となりますから、確実に防御したいところ。
その点で、パウダーファンデーションは、紫外線散乱効果がありますので、SPF表記が無いものでも、UVカット効果が期待できます。
一説には、普通の日焼け止めを塗るよりパウダーファンデーションの方がシミを防げるとも言われているくらいです。
紫外線量が多くなる時期や、長時間屋外に居るとなると、さすがにファンデーションだけで100%紫外線を防ぐことは難しいでですが、少しでもガードは固めておきたいですよね。

お肌への負担も軽い

美白メイクの女性

また、お肌への負担もパウダーの方が少ないです。
リキッドファンデーションは乳化剤や防腐剤が使われていますが、パウダーはそれらが使われておらず、添加物も少なめです。
ミネラルファンデーションなどミネラル成分のみで作られたものもあり、この場合クレンジングも不要です。(※ミネラルを謳っているものでも中にはクレンジングが必要なものがあります)
一番お肌の負担となっておるものは、クレンジングだと言われています。
肌本来の再生機能が衰えつつある40代ですから、お肌への負担は極力避けたいですからね。

 

でも人気なのはリキッド…?!

リキッドとパウダー、どちらが良い?40代のファンデーションの選び方

リキッドど弱みは、パウダーに比べてそのものに紫外線防止効果が弱いことと、成分的にも付け心地的にもお肌への負担が大きいこと。
でも、実際需要が高いのはパウダーよりリキッドファンデーションのような気がします。

なぜなら、パウダーファンデーションは乾燥に弱く、ドライに傾きがちの40代では粉浮きしてしまうという人が多いのです。
またリキッドに比べカバー力も劣る為、シミや顔色の悪さが目立ってくる40代には物足りない部分があります。

鏡で肌をチェックする女性

一方でリキッドファンデーションは水分が多いので、乾燥によるヨレや粉ふきを防いでくれます。
さらにカバー力が高くシミをしっかり隠し、瑞々しく潤いのある仕上がりになるのもリキッドの強みです。
お肌を労わりたい気持ちよりも、どうしても仕上がりのキレイさが優先されるので、40代はリキッドの方が需要が高くなるようです。  

 

パウダーとリキッドのメリット・デメリット比較

口元の乾燥を鏡で見て気にする女性

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションとの違いをまとめるとこんな感じになります。
どちらにも捨てがたい強みがありますので、2つのファンデーションを使い分けるのが賢い使い方かなと思います。

パウダーファンデーション

メリット

  • パウダーそのものにUVカット効果がある
  • 肌への負担が少ないので デイリーユースにおすすめ
  • 厚塗り感が無くナチュラルな仕上がり
  • メイク直ししやすい
  • メイクが時短出来る(フェイスパウダーがいらない、下地不要なものがあるなど)

デメリット

  • 乾燥しやすい
  • カバー力に欠ける

リキッドファンデーション

メリット

  • 乾燥に強くしっとりする
  • カバー力が高い
  • 瑞々しく艶のある仕上がり

デメリット

  • 肌への負担が大きく敏感肌の人は注意
  • UV効果はパウダーに劣る
  • メイク直ししにくい

 

40代におすすめのファンデーション

クリームで保湿するバスローブの女性

「そろそろファンデを変えてみようかな…。」と考え中の40代女性におすすめしたいファンデーションです。
それぞれのメリットが強調されたファンデーションなので、お肌に合わせて是非お試しください。

40代におすすめのパウダーファンデ
~普段使いや、お肌への負担を極力減らしたい人に

メイクをする女性

超乾燥肌でパウダーは絶対無理!というわけでなければ、普段使いはお肌に優しいパウダーファンデーションがおすすめです。

レイチェルワイン

レイチェルワイン ミネラルファンデーション

3,240円 (SPF27.5 PA+++)
崩れにくさに定評のあるファンデーションです。
ミネラルファンデーションの中ではカバー力も高く、色も10色以上用意されています。
ミネラル成分のみで作られたファンデーションなのでお肌に優しく、クレンジング不要です。
初めてお試しするなら、1,980円のトライアルセットがおすすめです。
ファンデーション2色と、4,536円のメイクブラシがセットになっていて大変お得です。
レイチェルワイントライアルセットのレビュー

エトヴォス

マットスムースミネラルファンデーション

3,240円 (SPF30 PA++)
100%ミネラル成分なのでクレンジング不要でお肌に優しいファンデーションです。
ファンデーション自体のカバー力は若干物足りないという声が多いですが、カバー力の高いコンシーラーも販売されているので、一緒に使うと良いと思います。
コンシーラーもミネラル成分でできているのでクレンジング不要でお肌に負担をかけません。
厚化粧感のないナチュラルな陶器肌に仕上げてくれます。
持ち運びやメイク直しがしやすい固形タイプの販売もあります。
エトヴォスもブラシがセットになったお得な2,300円トライアルセットがあります。
エトヴォス トライアルセットのレビュー

 

40代におすすめのリキッドファンデ
~乾燥が酷い人、シミをしっかりカバーしたい日に

滑らかな肌にしてくれる保湿リキッドファンデーション

乾燥が酷くてどうしてもパウダーが嫌な人や、シミや顔色をしっかり隠したい特別な日はリキッドファンデーションがが良いかと思います。

リソウ

リソウ リペアリキッドファンデーション

5,524円 (SPF28 PA++)
リキッドのカバー力と保湿力をそのままに、肌への優しさを考えた100%天然由来ファンデーションです。
肌に密着し、シミ・毛穴をしっかりカバーしつつも、植物由来の美容パック効果で、お肌を労わります。
ツヤと素肌感のある自然でキレイな仕上がりです。
ファンデーションにフェイスパウダー&パフがセットになったトライアルセット1,900円(税抜き)の販売あります。

マキアレイベル

薬用クリアエステヴェール

3,794円 (SPF35・PA+++)
コラーゲンやヒアルロン酸などの美容液成分でお肌を潤しながらシミ・毛穴をカバーしてくれるので、乾燥が酷い人におすすめです。
美白効果と日焼け止め効果も兼ね備えています。
ハーフサイズセット(1,980円)や透明感ベースメイクセット(3,990円)と、ファンデーションとパウダー・下地・保湿クリームなどが同時にお試しできる初めての方向けのおトクセットも販売されています。


薬用クリアエステヴェールのレビュー

 

 

お肌の調子や季節で使い分けを…

笑顔の肌のきれいな女性

記事の始めにお話しした通り、著者はどちらかといえばパウダーをおすすめします。
乾燥によるパウダーの粉浮を予防するには、メイク前にしっかり保湿をすることです。

しかし、お肌を守るためにと、無理にパウダーを使って、乾燥で顔が粉っぽくなってしまったり、シミが隠れず満足な仕上がりにならないようでは、せっかくのメイクが無意味になってしまいます。

リキッドにもパウダーにもそれぞれ良いところがあるので、お肌の状態や季節によって2つを使い分けするのが良いと思います。

紫外線が降り注ぐ夏~秋はパウダーを、乾燥しがちな冬はリキッドを…。
普段使いに肌に優しいパウダーを、気合の入った特別な日にリキッドを…。

2つのファンデーションの良いとこどりをして賢くキレイにメイクを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!







関連記事











ページ上部へ戻る