あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法

透明感のある肌はくすみがなく、肌をキレイにみせてくれます。
一方、肌がくすんでいると、肌色も悪く、老けた印象を与えてしまいます。

あなたの肌の状態はいかがですか?
くすみといっても4つのタイプに分かれ、それぞれ原因や対策が違うので、肌の状態から自分の肌にあったくすみ対策をしていきましょう。

 

あなたのくすみは角質肥厚型?

角質肥厚型の特徴

  • 肌がごわついている
  • くすんでいる肌の色がやや灰色がかったようなくすみ

角質肥厚型の原因

肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバーが遅れているからです。

角質肥厚型のくすみを改善するには

あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法
肌の新陳代謝を高めることが重要です。
スキンケアでは週に1~2回、ピーリングやパックを使用して余分な角質を除去していきましょう。
ヨーグルトとはちみつを混ぜたパックはヨーグルトが古い角質を除去し、はちみつで保湿力を高めることができる簡単パックです。
お風呂で15分ほどパックして洗い流すだけでできます。

また、化粧品やスキンケアでは美白化粧品を選ぶと効果的です。

食事のときは肌の代謝を高めるミネラルやビタミンが入ったものを食べるようにしましょう。
ビタミンB群の中でもビタミンB2やビタミンEも効果的です。
野菜や果物、体を温めるショウガなどを摂取するのがオススメです。

そして運動も週に2~3回行い、汗をかき代謝をアップさせることも効果的です。
余分な角質を取り、ターンオーバーをできるだけ28日間で行えるようにまずは1ヶ月~2ヶ月肌のお手入れを丁寧にしてみてください。

 

あなたのくすみは乾燥型?

乾燥型の特徴

  • スキンケアしても乾燥が気になる
  • 透明感がないと感じる

乾燥型の原因

肌の潤いが不足しているからです。

乾燥型のくすみを改善するには

あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法
とにかく保湿を心がけましょう。
スキンケアでは、水分保持力を高めるのに効果的なセラミドやヒアルロン酸、プラセンタが配合されているのものを選び、乾燥しにくい肌を目指しましょう。
化粧水は重ねづけをしたり、コットンパックで肌の内部にまで浸透させましょう。

食事では、体に良いとされる油を取り入れ肌の細胞を元気にしていきましょう。
ココナッツオイルやアボカドオイル、フィッシュオイルなどが効果的です。
ビタミンCが含まれているフルーツや海藻に含まれるヨウ素、タンパク質を摂取し乾燥しにくい肌を作っていきましょう。

 

あなたのくすみは血行不良型?

血行不良型の特徴

  • 寝不足になることが多い
  • 顔色が良くないといわれることがある

血行不良型の原因

睡眠不足や冷えなどが原因で血液のめぐりが悪くなっているからです。

血行不良型のくすみを改善するには

あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法
体を温め、血流を良くすることです。
冬はホッカイロを貼り、体を冷やさないようにしたり、手軽に始められるようになったお灸で体を冷えから守りましょう。
そして、湯船に浸かり、全身の血行を良くしてあげましょう。
それが難しい時は手や足だけでも温めてあげるとポカポカしてきます。

そしてお風呂上りには体だけでなく、クリームやオイルをつけて顔のマッサージをしましょう。
顔のコリがとれて血流がよくなります。

食材は体を温めるショウガをはじめとして、色の濃いものを意識して食べましょう。
色の濃いものは体を冷やしにくいとされています。
たとえば、牛乳よりチーズ、白米より玄米、白砂糖よりも黒砂糖などです。
飲み物はカモミールティがオススメです。

 

あなたのくすみは糖化型?

糖化型の特徴

  • 炭水化物や甘いお菓子を好む
  • シミのように茶色がかったようなくすみ

糖化型の原因

食生活の乱れ(早食い、野菜不足、炭水化物や甘いものをよく食べる、ストレスが溜まりやすいなど)からタンパク質と余分な糖が結びつき体の中に焦げを生成し肌を老化させてしまいます。

糖化型のくすみ改善には

あなたのくすみはどのタイプ?タイプ別くすみ改善法
血糖値の上昇をゆるやかにする食事を心がけましょう。
糖化は紫外線よりも恐ろしいとも言われています。
血糖値の急激な上昇を避けるためには食事を1日3~6回と複数回にわけてみることです。

理想の食事は昔ながらの和食です。
穀物や汁物、魚や野菜などは健康的で血糖値の上昇を防ぎます。
食べる順番ダイエットのようにメインや穀物を最後の方に食べるようにするのもポイントです。

また、噛む回数を増やすことで満腹感も得られ、おやつの回数も減り、甘いものを少なくできます。
そして運動をすることで余分な糖を燃焼できるのでウォーキングをする習慣を取り入れてみましょう。

抗糖化のスキンケアはまだまだ珍しく、高価なものが多いのが現状ですが、カテキンやビタミンC、セイヨウオオバコ種子エキス、ブルーベリーにドクダミといった成分が抗糖化成分として効果があるとされています。
これらの成分が配合されているものを選んでみると糖化型のくすみを解消できるかもしれません。

 

おわりに

くすみの原因や対策を知ることはできましたか?
一様にくすみといっても、原因が異なれば対策方法も変わってきます。
自分の肌と向き合って、毎日丁寧にケアしてみてください。
そうすれば、肌の状態が良くなっていくのがわかってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る