30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~

頑張っているのになぜ?

  • ダイエットを頑張っているのに一向にやせない
  • それどころかむしろ太る一方…

30歳を過ぎた女性であれば、ほぼ全員が思うことではないでしょうか。
これは、身体の体質が変わった証拠です。

10代や20代の頃は、少し食事制限をしたり、激しい運動をしたらすぐに効果が出たと思います。
ですが、30代では通用しません。
一時的に減ることはあるかもしれませんが、必ずリバウンドします。

 

30代から太る原因

30代から一気に身体が変わった1番の原因は、基礎代謝が落ちたことです。
単純に今までと同じ食事量でも、消費できなくなってしまったためです。
さらに、

  • 女性ホルモンが減少する
  • 仕事や家事/育児等での過度のストレス
  • 生活の乱れによる便秘や冷え

これらが後押しをすることで太りやすい身体にしてしまいます。

 

30代のダイエットはここが違う!

よく30歳を過ぎると痩せにくくなるとは言いますが、半分間違いです。
今までと同じダイエット方法が通用しなくなっただけで、決して痩せにくくなったわけではありません。
コツをつかめば痩せることは可能です。

30代のダイエットは、基礎代謝を上げることを第一に考えます。
そして、無理をして一時的に減らすことではなく、基本的な生活を見直す、あるいは少し工夫することで、痩せやすい身体を作り、緩やかではあるものの着実に体重を減らしていくことが最重要ポイントです。

頑張る必要はありません。
むしろ、頑張ってはいけないのです!
ストレスは、ダイエットのNO.1の天敵だからです。

頑張らない30代のダイエット方法をご紹介します。

(1)歩く時は早歩き

30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~
日常生活で手っ取り早く筋力をつけて基礎代謝を上げる方法はウォーキングです。
本当は最低でも10分は時間をとって行ってほしいですが、歩かなくちゃとストレスになると逆効果。

そこで、通勤時間や子どもの送り迎え、買い物の時間を有効活用します。
ダラダラと歩くのではなく、腕をしっかり振って、太ももを意識して歩きましょう。
いつもと同じ距離でも、息切れするくらい身体を鍛えることができます。

(2)予定がない休日も朝一で着替える

今日は一日外に出ない、夜まで予定がないからとダラダラ過ごすのはもったいないです。
そこで、パジャマのまま過ごすのではなく、起きたらまずいつもの格好に着替えましょう。
ボサボサの髪もしっかり整え、顔も洗います。
外見を整えることでやる気スイッチが入り、自然と家事のスピードがアップしたり、散歩に行こうかなという気分にもなり、運動量を増やすことができます。

(3)食事のメインを昼食にする

食事を抜いたり極端に減らすことは良くありませんが、いつどのくらい食べるかはとても大事です。

特に、夕食はダイレクトに脂肪に繋がるので、炭水化物は気持ち控えめにして、昼食時にたっぷり摂ります。
そして、先にお伝えした早歩きを意識して、昼食時に摂ったカロリーはその日のうちに消費してしまいましょう。

それなら朝食の方が良いんじゃないかと思うかもしれませんが、朝食をメインにしてしまうと朝の排泄のリズムを乱してしまうので良くないです。

(4)おにぎり2個ではなく、おにぎり1個+おかずにする

時間が無い時にコンビニでおにぎりだけでご飯を済ませてしまう方も多いかと思いますが、おかずを一緒に買いましょう。
最近ではコンビニでもお惣菜がお手頃価格で売られています。
そして、おかずを先に食べて身体を慣らした後で、おにぎりを食べるようにしましょう。
栄養バランスも整い、同じカロリーでも消費がしやすくなります。

(5)夜はテレビを見ながらストレッチ

30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~
ストレッチで身体をほぐすと、脂肪が燃えやすい身体を作るだけでなく、冷えの予防やリラックス効果もあり良いことだらけです。
儀式にしてしまうとストレスになるので、やりたくない日はいっそのことやらないというのもポイントです。
テレビを見ながらで良いので、どこが伸びているかを意識しながら、ゆっくり自分のペースで行いましょう。

(6)意識して休憩する

30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~
この作業が終わったら、という考えではなく、時計を見ながら60分~90分に1回は意識して休憩をとりましょう。
伸びをしたり、温かい飲み物を飲んでリラックスします。1度休むことで、業務効率もアップしますし、疲れを残さないことで痩せやすい身体作りに繋がります。

仕事をしている方も主婦の方も共通して、日本人の女性はつい頑張りすぎてしまうという傾向にあります。
それが身体のリズムを悪くしてしまっている原因であることをきちんと理解しましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?当たり前のような話も多かったかもしれません。
ですが、今までは年齢的に許されていたことが見逃されなくなった時期だからこそ、あらためて見直す必要があるのです。

ダイエットのために特別新しいことを始める前に、まずは本日お伝えしたポイントを1ヶ月続けてみてください。
少しでも体重が減った、身体が軽い気がする、疲れにくくなったかも、などほんの些細なことでも変化があれば、身体が変わっている証拠です。

30代でどう身体と向き合うかが、今後の身体作りの基板になるはずです。
ぜひお試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。

関連記事






ページ上部へ戻る