「彼の気持ち>私の気持ち」 重いと感じたときに心がけることとは?(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「彼の気持ち>私の気持ち」 重いと感じたときに心がけることとは?(後編)

前回「「彼の気持ち>私の気持ち」 重いと感じたときに心がけることとは?(前編)」では1から4までをご紹介しました。
今回は残り3つです!

 

5.進展はゆっくり

男性はその女性のことが好きであればあるほど、体の関係を持ちたくなってしまうようです。
これに関しては女性も同じですが、男性ほど強く思わないのではないかな~と思います。
そして、男性は好きな女性とセックスすることでもっと相手のことを好きになる傾向があるのだとか。
しかし!もしお付き合いしている彼がそんな様子を見せてきても、無理して彼に合わせる必要はありません。
「もっとゆっくり関係を進めたい」「もっとお互いのこと知ってからがいい」「まだ心の準備が出来てない」など、彼に正直なあなたの気持ちを伝えればきっと分かってくれるはずです。
それで去っていくようならそれはそれでOK。
セックス目的の男のためにあなたの貴重な時間を無駄にすることがなくて良かったと思いましょう。

 

6.距離を保ちたいなら素直にそう伝える

たまに相手に好きになってもらおうと必死すぎて女性にちょっと気持ち悪がられるアプローチをしてくる男性がいますよね。
連続して不在着信があったり、会いたいから毎日自宅前で待機されたりなどなど、付き合ってるのに一見ストーカーチックに思えることもあるでしょう。
ちょっとこれはやり過ぎ!と感じたら、遠慮せず彼に伝えましょう。
「まだ同じ気持ちにはなれないから、ちょっとだけ距離を保ちたいかな」など優しく言うとあまり傷つかなくて済むかも知れませんね。
彼もあなたとの関係を失いたくないはずなので、傷ついてたとしても少し距離を取ってくれるかも。

 

7.彼に変に期待させない

最後に一番大事なことですが、相手を傷つけたくないからといって思ってもないことを言って期待させるのは出来ればしないでおきましょう。
いつでも正直な気持ちで向き合い、双方にとってフェアで信頼できる関係を築くのが大切。
本当に相手の気持ちを考えるのなら、思ってもないことを言って彼に変に期待させるより、もう関係をもたない方が彼を傷つけなくて済むのではないでしょうか。
今正しい行動を取ることで、あなたも後々後悔しなくてすむかも知れません。

 

まとめ

一度付き合ったのならその決断に責任を持って相手の男性にもフェアに接するのが大事なのではと思います。
経験上、付き合ってから大好きになることが多い気がするので、ビビっときたら付き合ってみても全然アリ。
ただどうしても好きになれないようなら、それが分かった時点ではっきりと伝えてあげることが大事ですね。

参考元:all women stalk
写真提供:Joe St.Pierre

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る