パープル使いが女を決める!高貴な紫を取り入れたコーディネートのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パープル使いが女を決める!高貴な紫を取り入れたコーディネートのポイント

パープルは難しいと思ってませんか

様々な洋服を持っているけれど、あまり着ない色があります。
それがパープルです、なんて人も多いかもしれませんね。
パープルは個性が強い感じがして着こなしにくいと考える人もいるかもしれませんね。
それはある意味正しいのかもしれません。
ファッションの世界ではパープルが最も着こなすのが難しい色だと言われている位、難易度の高い上級者向けの色なのです。

ですが、パープルは配色が赤と青の中間ですよね。
その良さを活かして、
シックで落ち着いた装いに合わせることで上手くいきます。
特に、赤だと少し派手すぎる、青だと少し静寂過ぎる、そう感じる時にパープルは非常に良い仕事をしてくれます。

 

パープルは高貴な色

パープルは高貴な色として崇められてきました。
歴史的に見ても許された一部の人しか身に付けることを許されてこなかった色なので、非常に特別な意味があるのでしょう。
現代では個人が誰かに強制されて付けてはいけない色はないですから、この高貴な色を利用して自分自身を高貴な大人の洗練された雰囲気にするのは自由です。
ただ、インパクトのある色なので、あまり前面にパープルを押し出し過ぎないように注意しましょう。
特にオフィスなどで私服の人は全身パープルだとものすごく目立ってしまいますから、最初は小物使いや1点使いから始めてみるといいでしょう。

 

パープルはダークカラーとの相性が◎

パープル自体もどちらかと言うとダークな印象が強いかもしれません。
ですので、パープルに一番合わせやすい色は黒やグレー、紺などのシンプルな色でしょう。

 

意外と淡いピンクも◎

ビビットなピンクは少し難しいのですが、淡いヌーディーなピンクと合わせるとかわいらしさの中にもパープルの持つ引き締める効果が作用して、甘すぎないコーディネートになります。

 

迷ったら白で難を逃れる

白は全ての色に染まれる素敵な色ですよね。
例えばパープルのスカートに白いシャツを合わせたらそれだけで素敵な感じがしませんか?
パープルは少し直線的なイメージのある色なので、出来るだけデザインはエッジの効いた形やまっすぐなラインのものは避けるようにして、ふわっとしたものやレースの付いた素材などを選ぶことにより柔らかさを印象付ける事が出来ます。
そこに白を合わせることにより、パープルの持つ様々な存在感を少し中和してくれるので、パープルは強すぎる色だからと敬遠しているあなたにもしっくりくるはずです。

 

まとめ

パープルは少量でもインパクトがあるので、アクセントや素材、形で中和させることによって違和感のないファッションコーディネートを完成させることが出来るようになります。
意外とポイントさえ押さえれば、パープルも難しくありません。
いざ、挑戦です。
もしかしたら、新しい自分を発見出来るかもしれません!

Photo by Patrick

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事






ページ上部へ戻る