シミやそばかすに効く成分をよく理解しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミやそばかすに対抗するため、美白美容液を使っている人も少なくないでしょう。

ただ、美白美容液といっても、その成分は様々です。

他の人のシミやそばかすによく効く成分であっても、それが自分に効くかどうかはわかりません。
また、美白美容液の成分の中には、非常に効き目の強いものもあり、白斑ができた、といったトラブルを引き起こす可能性も否定できません。

まずは、美白美容液によく使われる成分を理解し、自分のお肌にピッタリのものを探し出さなければなりません。
シミやそばかすに効く成分とは、どのようなものがあるのか、確認していきましょう。

チロシナーゼに作用して、シミ・そばかすに効く成分

美白成分、と一言にまとめても、実は、どのようにシミやそばかすに働きかけていくかは、成分によって様々です。
一番多いタイプは、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素に働きかけるものでしょう。

メラニンは、お肌の奥深くにあるメラノサイトという部分で作られます。
メラノサイトでは、チロシンというアミノ酸に、チロシナーゼという酵素が作用し、メラニンを作り出します。

美白美容液によく使われる成分は、何らかの形で、このチロシナーゼの邪魔をし、メラニンの生成を抑えるといったものです。
それでは、具体的に、その成分名と特徴をわかりやすく解説しましょう。

アルブチン

アルブチンは、チロシナーゼに直接働きかける成分として、よく美白美容液に使われます。
新しくメラニンを作り出すことを妨げますので、日焼けなどによるシミそばかす予防に効果があるといわれています。

ルシノール

ルシノールは、チロシンより先に、チロシナーゼと結合し、メラニンの生成を抑えてくれます。
もともと、モミの木の成分に似たものですので、お肌にも優しいと考えられています。

リノール酸

リノール酸は、メラニンの生成を抑えるだけではなく、ターンオーバーを促進し、すでにできてしまっているシミやそばかすにも働きかける頼もしい成分です。

メラニンを排出することで、シミやそばかすを薄くしてくれます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、以前は、皮膚科でしか取り扱えない成分でした。
その効き目は絶大で、強い漂白効果があります。
ただ、その分、取り扱いが難しく、副作用の恐れもありますので、専門家の指示に従って、容量を守り、使用するようにしましょう。

その他のシミ・そばかすに効く成分

チロシナーゼに、直接、働きかけるのではないタイプの成分についても、いくつか見ておきましょう。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、メラノサイトに指示を出すホルモンの働きを抑制します。
もともとは、止血剤として使われるものです。
肝斑によく効く成分だと考えられてます。

ビタミンC誘導体

一度、定着してしまったメラニンを元に戻す作用があるといわれています。

シミやそばかすだけでなく、シワなどのお肌ケアにも効果が発揮されます。

あわせて読みたい♪
30代におすすめ化粧水ランキング~肌質・成分の選び方
40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア
美白&ニキビケアに!ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水&美容液
セラミドがこんなに万能だった!アンチエイジングと美白を一気に叶えるセラミドの効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る